終わって嬉しい嫁暮らし

Welcome to my blog!

K国でセルカ棒が流行るわけがわかる気がする。。

2014/12/07
日本の文化、韓国の文化 0
 
 
 そう、セルカ棒。
 自撮り棒ね。
 
 こっちの人って『自分の顔写真』が好きですよね。
 ナルシルトなんでしょうか???
 
 うちには女性がわたくし除いて二人いらっしゃるんですが
 もうちょっと若いころ
 ご自分の顔写真、額に入れて飾ってましたもんね。
 
 あ、いや、義母なんか(多分ですけど)50代前半頃に撮られたとみられる
 ほぼ等身大の顔写真(でかい)が、
 そのサイズに合った額に入れて義母のお部屋に飾ってあったわ。
 引っ越ししてからその処理にこまりましてねー
 額だけ取って処分しましたけど写真はそのまま^^;
 
 こちらに来た当初は、
 それはうちだけだと思ってましたの。
 
 自分の顔写真飾るという習慣が。
 
 
 ところがです。
 
 私があるところにお勤めに行ったことがありました。
 
 そこに勤めていたある女性なんですが
 年は20代半ばくらい?
 まあ、普通の顔立ちでした。
 
 私にあるものを見せびらかしました。
 
 それは、その子の顔写真、俗にいうブロマイドでございました。
 
 多分写真屋さんで撮ったものだと思われますが
 もちろん修正も施してあり
 ヘタすると別人のように美しいものでございましたの。
 
 『なんやこれ、確かにきれいやけど
  こんなもんよく他人に見せびらかすことできるな~~』
 
 と、ひそかに思いましたけど
 口に出しては言えへんがね。
 
 『うんまぁ~~~~  すっごくきれいだわ~~~
  よく撮れてるわねえ~~~』
 
 と、顔が引きつっているのを悟られないように必死になりながら
 口先だけで言ったことを今でもよく覚えております。(わたし役者?)
 
 このように私だけでなく
 日本人のある方も似たようなこと言ってましたわ。
 『自分が好き』だって。
 
 そんなんですから
 自分一人で自分を撮影できてしまう
 セルカ棒が登場した時には、さぞかし嬉しかったことでありましょう。
 
 
 自分の顔ねぇ。
 
 そこまでして必死になって写そうとは思わんけどな。。。
 
 
 あ、そんなわたくしも
 若かりし頃は自分の写真、結構撮りまくってた時期もあったっけか?(てへ)
  母親に頼んどったな。
 
  でも他人には見せびらかしませんでしたって。
 
 
 なんだかねえ。
 
 
 面白い人たちですわ。
 
 
 
 


 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
日本の文化、韓国の文化