海を渡った私、韓国に生きる

Welcome to my blog!

お客さんたちのお話

2010/02/20
お店のこと 2

 

少し暖かくなったせいか、お昼のお客さんの入りがいつになく良かった。
この先も、こうあってほしいのですが...

 うちはそうめんとジョンが主なので、お客様の年齢層は様々。

実に様々な組み合わせで入って来られます。
しかし、お客様の会話の内容が皆ほぼ同じであるということに気付きました。
(聞こうとしてなくても、耳に入ってきてしまう。)
 
内容のほぼ80パーセントが食べ物または他の食堂の話、10パーセントが会社の話、残り10パーセントがちょっと込み入った深刻な話。

 『あそこの料理はおいしいとか、どこの料理には何が使われている』とか。
もっと他に話す事ないんかしら~~なんて思うんですが、
多分自分も他の店に行っては同じ事してるんだろうな~と思います。

やはり人間食べること、一番重要なんだなー、結局老男女問わず同じなんだな~と。

 ぜんぜん、たいしたことじゃないんですけどね。

 先日、うちのアッパが日本人向けのソウル旅行の為のガイドブックをもらってきてくれた。(そういう配慮がとっても嬉しい...)その編集後記の中に、

『韓国の伝統の味を知ろうと思ったら、若者の町へ行ってはならない』

とあった。確かに、最近は私たちのトンネでもやたらと日本食の店が増えているし、
もちろん『フランス村』と呼ばれるくらいのトンネではあるけれど、
ほとんどの店がワインバー。

あと、やたらにコーヒーショップが多い。スターバックスをはじめとして、
トムトムズコーヒー、個人で経営しているカフェ。

そんな中で、私たちは、あえて韓国の伝統の味を伝えようと努力している。

 ビンデトックと呼ばれるノクトゥジョン
(緑の豆をつぶして、生地を作って焼いたもの。)
これはまさに韓国の味だと思うが、香ばしくて、なんとも言えない食感が最高。

厨房のお姉さん曰く、

『ほかの所のビンデトックは、焼いて時間が経つと硬くなってしまうけれど、あれはおそらく小麦粉とかいろいろ混ぜているからだと思う。
ここのは、100パーセントノクトゥ(緑豆)だから、違うよね』

 本と、そうなんですよね~~おいしいんです!!
緑豆も、そこら辺のスーパーで売ってるのではなく、キョンサン北道の田舎から直接取り寄せているんですよ~~

 てことで、またのちほど。今日の夕方のお客さんの大入りを祈って...


 https://overseas.blogmura.com/korea/にほんプログ村海外生活プログ

スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

♪Hiroron♪

No title

私は外食をしながら、何の話をしていたかなと考えてみたら...
あまり食べ物の話はしていませんね~。
普段家族を除いては、子供達のママ友との食事がほとんどなので、どうしても教育関係の話が多いでしょうか。
でも一般的に韓国の方は”食べる”ということにこだわる人が多いですね。

2010/02/21 (Sun) 11:35

バンポマダム

No title

聞いていると、本当に食べ物屋の話ばっかり。おもしろいですよ~。中には、hiroronさんのように、教育問題とかちょっと込み入った話している人ももちろんいますけどね。

2010/02/22 (Mon) 15:51
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
お店のこと