終わって嬉しい嫁暮らし

Welcome to my blog!

大丈夫かしら...息子の放課後のスケジュール

2010/03/04
子供と韓国での教育~小学校編~ 2

 


新学期が始まり、いよいようちの息子も高学年に突入、5年生である。

自分の時はどうだったかなーと振り返ってみると、遊んでばっかしだったなぁ~。

しかし、である。
今日放課後学校のスケジュールが出たので、ひととおりやることチェックしてみると、
めちゃめちゃハードなスケジュールになりそうである。

月:帰宅後、튼*英語の先生が来られる。5:00~7:00数学ハグォン

火: ヨガ

水:1:00~3:00 中国語(学校で)3:00~3:30ピアノ?(未定)

5:00~7:00

  数学ハグゥオン

木:3:30~5:30 コンピューター(学校で)ヨガ

金:ボーイスカウト活動 
3:00~3:30ピアノ 
4:00~ 英語の先生(文法中心)

土:(休みの土曜日のみ)ケーキ&クッキー作り

 ざっとこのようであるが、家の息子より、もっとハードなスケジュールをこなしている子もいるようである。
ごく、基本のみをやるようにやるようにしたただけなのがこのようになってしまった。
 
うちの子は、テコンドーはやりたくないということで、
一時期シオモニのすすめにより、ボクシングに通っていた。

『自分の身は自分で守る』これを身につけさせる為であった。
しかし、私が仕事を始めた為、送り迎えが難しくなり、すぐ近くのヨガ教室に通うようになったのである。

これ、けっこういいみたい。

 ピアノもほんの少しかじっていたけれど、ずっとさぼっていた。
一応教養として身に付けておくべきだとされ、学校の放課後学校のプログラムに参加する予定。(なにしろ、安いですから...)

『クッキー&ケーキ』は、新しく開講されたプログラムで、休みの日家にひとりでいてぼーっとしているより、何か楽しいことやったらいいってことで。
これはお楽しみで。
 
とにかく、うちのアッパが、料理のたぐいが一つもできない。

『男は台所に入るもんじゃない!』
という時代錯誤の教育のもと育ったものだから、

これは100%本人の
責任ではないのでしょうけれど...
私がちょっと疲れた時なんか、ポックンパブ(いためご飯)でもいいから、
さっと作ってくれたりしたらいいのに...。

 うちの店の厨房にも若い男の子がいるけれど、本と、料理上手。
女性と違って力があるから、手さばきもいい。
将来食うに困らない為には、
何でもいいから好きなこと身につけといた方がいいですよね。
 

ところで、今入った情報によりますと、既にピアノは締め切りだったそうです。
良かったんだか、わるかったんだか...
でも、水曜日のあのスケジュールは、ちょっと...という感じでしたから、
今回は見送って夏休みの機会に、ということになってしまいました。

ま、家で自主学習でもしなさいってことで。

 どうか、ぶっ倒れない程度に頑張ってほしいものです。

 先回のお店のURLが違ってたみたいで。確認して載せます。

 そうそう、ハグォン嫌いの息子がなぜ数学ハグォンへ通うことになったか。
実は昨年は、学校でやる放課後学校のプログラムに通っていたのだが、去年指導して下さっていた先生が、
『学校のプログラムでは不足である。』とおっしゃったから。

先生事体がそう言われるのであれば、仕方ないってことで。
この先、一体どうなるわけ?
一応はついていかなくちゃならないから、させるしかないのでしょうが...

 学校でのプログラムを充実させようという動きが随分高まってきているようではあるけれど、
まだまだハグォンパワー(というか、ここの教育体制)に押されているような...
どうしよう、まだ5年生なのに...付いて行けるか、ものすごい不安なんですけど...



 こちらにクリックされますと、韓国情報が満載!!
 https://overseas.blogmura.com/korea/にほんプログ村海外生活プログ




 

スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

♪Hiroron♪

No title

おやまあ、うちの中3の娘のスケジュールよりハードですね(笑)。
でも韓国の(ソウルの?)標準的な高学年の子のスケジュールでしょうかね。

ピアノ等の楽器は小学校の中学年くらいまでに済ませて(?)、高学年からは勉強中心の習いものを増やすと言うのが、正しい韓国教育らしいのですが、娘も未だにピアノを習っています(爆)。
学校のプログラムだけでは数学は不十分だと、それを教える先生が言い切ってしまうのには笑っちゃいますが、今の韓国の現状を考えれば決して大げさな話ではないでしょうね。

韓国の子供達はみんな同じような生活をしていて、みんなが遊んでいる中で、息子君一人がこんな生活をしている訳ではないので、行ったり来たりだけで疲れてしまって、何を習っているのか忘れてしまうような状態になっていないかだけを気をつけてあげれば大丈夫だとは思いますが(ん?私、韓国生活に慣れ過ぎたでしょうかね/笑)。

2010/03/04 (Thu) 18:02

バンポマダム

No title

なるほど...やはりうちは韓国方式とは少しかけ離れていたかも?ですね~ピアノも幼稚園時代少し習っていたのですが、シオモニ曰く、『将来、ピアニストにさせるならともかくも、そうでないのにお金と時間をかけてまで習わせる必要はない!!』とのこと。その後は自宅で自主学習に。というのも、シオモニのチョッカの孫娘、息子たちが幼い頃お金をかけて習わせたのに、何の役にも立ってないというのを見ておられたから、なんですがね。...シオモニの考えも決して間違ってはいませんけど、実は芸術関係にほんと疎いお方なんですよね~。一応は何でも身に付けておくが勝ち、だと思うんですが。

なんとか、栄養は良く与えて、健康と安全には気を付けさせたいと思います。ありがとうございます。

2010/03/05 (Fri) 13:26
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
子供と韓国での教育~小学校編~