海を渡った私、韓国に生きる

Welcome to my blog!

未来の韓国、どうなるのでしょう。

2010/03/12
お店のこと 0

 うちはそうめん屋だけれども、
マッコリやジョン(ちぢみ)も扱っている関係上か、
実にいろいろな人達が来る。
年齢層が幅広いのである。

 料理に化学調味料を使用していないので小さい子供を連れた家族も来るし、
夫婦、若いカップル、会社員、オンマたち、仕事を終えたおっさんたち、
中にはどう見てもちょっとアブナイんじゃないの?という二人連れとか...
(父親と娘にしてはちょっと変、というやつ。)

 韓国って、儒教の精神が通ってる国だって言ってるわりには、何これ?クリスチャン人口も多いんでしょう?

よくわかりません。

私が知ってる人や、遠い親戚関係にある人達の話を聞くと、
結婚してもすぐ離婚してしまったり、うまくいかなかったり。
本当に特に最近よく聞く。
昔からそうだったのかもしれませんが、あまりにも多すぎる気がして。

 だからか、はわからないけれど、
結婚すべき年齢に達しても、
嫁にはいかない、婿にも行かない...、こういう現象が増えているようです。

単純に計算しても、うち5人家族なんだけど、5人のうち2人が独身!

この頃は女性もちゃんとした職業を持ってるから、
ヘタな男性のとこへ行くよりは(プラスそこの家族つき)、
ひとりでのんびり楽しく、煩わしくなく暮らす方がいい、
って思っちゃうんでしょうかね。

 どうしたもんでしょう。
これでは将来が心配。私たちが老人になった時は?
一体誰がこの国をどうやって支えるのでしょう。

 中には、少子化のために貢献しようと頑張ってる人もいるというのに...。

あ、実は私も、二人目何とかしようと韓薬(漢方みたいなの)飲んだり(夫婦で)したけど駄目だった。

あきらめた。すみません。

 この頃、そんなことをよく考えます。年なのかなぁ。

 でも、せっかく結婚したんだからなんとかできないのかしら。
当人達はいいにしても、その子供たちは??

そりゃ、一緒に暮らしてりゃいろんなことあるでしょう。
私なんか、いつも文句ばっか言ってるし。
でも、我慢すべきことはしなくちゃならないでしょう。

 
いずれにしても、子供の心に傷を負わせない親になりたいと思うこの頃です。
 
 


https://overseas.blogmura.com/korea/にほんプログ村海外生活プログ

スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
お店のこと