終わって嬉しい嫁暮らし

Welcome to my blog!

『当たり前』であることの有難さ

2010/04/29
☆いろいろと考えさせられる事 2
 
しばらくの間風邪で声が出ない状態が続き、今なお少し引きずっている。
お蔭様で『入院』とかまで行かなかったのが有難い。
 
 連日のニュース、命を落とした若い青年たちの事が報道されている。
実は、私は詳しいことは何もわからない。ニュースに釘付けになって見る暇もないし、
店のラジオで聞いたって難しい用語にはお手上げだから、
おおまかな内容しかわからない。
 
 今国を挙げて喪に服していることはわかるのだけれど。
KBSもノレステージとかは控えているようだし、
行事なども今年は質素に行っているらしい。
 
 亡くなった方々は、20代前後、これからの韓国を引っ張ってゆく青年たち。
なぜ、そのように有望な方々の命が奪われなくてはならなかったのだろうか。
 
子供を持つ同じ親の立場として、胸が張り裂けるような思いがする。
 
 手塩にかけて育てた子供が、国を守る為に出かけていって
変わり果てた姿で帰って来たのを見た時の思いは、
言葉で言い表すことができないだろう。
 
それに、まだ発見されていない遺体もあるというから...
 
 ある母親は、亡くなった息子のために手紙をしたため、
それが紹介されたりしていたが...
どれくらい冷たく暗い中で、どれ程辛かったことだろうか。
それなのにオンマは暖かい所で食べて寝て...申し訳ない、息子よ...』
 
 涙無しではいられない。
 
 韓国は今、休戦状態にあるのであって、
いつ北朝鮮から攻められて来られるかわからない状態にいる。
 
そんな私たちを守って下さっているのが、
今回犠牲になられた方々をはじめとする軍人さん達。
アメリカの駐屯部隊。
 
私たちは、至極当たり前に日々の生活を送っている。
 食べるもの、着るもの、寝る所まで与えられていて、イスラム諸国のようにテロの恐怖に脅かされて暮らす必要もない。
 
 なのに、私たちって不平不満の中で生きている。
その代表的なのが自分自身である。
 
 今回の事故を通して、改めていつも感謝の念を忘れてはならないこと、
 
『生かされている』ことの有難さを思いながら生活しなくちゃならない事、
教えられました。
 
 御冥福をお祈りします、そしてありがとう。
 
 
 https://overseas.blogmura.com/korea/にほんプログ村海外生活プログ
 
 
 
 
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

江南

No title

本当に若い人が亡くなるのは残念ですね・・・韓国は親子関係の密ですから。
今の北朝鮮に出来る事は「テロ」に近い攻撃ですね・・・
在韓米軍の役割は「北への備え」もありますが「南の暴走抑止」の機能もあります。

2010/05/05 (Wed) 14:52

バンポマダム

No title

ははあ、そうなんですか。さすが江南さんお詳しいですね。

この冷戦状態いつまで続くんでしょうか。

2010/05/06 (Thu) 00:53
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
☆いろいろと考えさせられる事