海を渡った私、韓国に生きる

Welcome to my blog!

5月、新しい出発

2010/05/01
お店のこと 6
 
 
 今日から5月。
 
お店も、新しく出発。
厨房で頑張ってくれてた子が田舎に帰ることになり、新しい厨房長さんが来られた。
 
私はお店を始めてからというもの、随分強くなった気がする。
 
『好きなものは好き』『嫌いなものは嫌い』
『無理なものは無理』『ダメなものはダメ』
 
実は、そういう部分を人にはっきり伝えるのがとても苦手なタチだった。
それが今では180度ひっくり返って、
自分でも驚くほど自身満々で振舞えるようになった。
 
 頭に来ることがあれば、そりゃまだまだ韓国人にはかなわないけれど、
威厳を持って(っていうか、ちょっと怖い?)言いたい事言えるようになった。
 
 それに人ってお金
 
別に、知らなかったわけではないけれど、何と言いますか...
『人間て、一体何なんだろう』なんて思ったり。
 
ときに、なんでこんなにお金とか地位とかそんなものに縛られてるのか、と思ったり。
 
 
 うちにはトイプードルでメス、名前は『ジョイ』というのがいるが、ただ飼い主から与えられるエサをもらい、私たちが時間のある時だけ相手をしてあげる...
それなのに、何にも不平を言わない。
 
相手をしてあげれば、全身を使って喜びを表現する。
 なのに、どうして人間てこうなんだろうって。
 
槙原さんの歌の歌詞にもありましたよね、花屋の店先に並んだ花達を見ながら
『人間って、なんでこう比べたがるんだろう』って、ちょっと似た感覚かしら。
 
 この記事の前の内容にも少しつながるけど、
何事にも感謝できる、そういう人になれたらいいなって思います。
 
 https://overseas.blogmura.com/korea/にほんプログ村海外生活プログ
 
 
 
スポンサーサイト



Comments 6

There are no comments yet.

ちかにゃん

No title

人を使うのは「自分の左手を使うのと同じ 思うようには動かない」は祖母の良く言っていた事。
あれだけのお店を切り盛りなさるのは 至難の業ですね。
バンポさんの日本的細やかなおもてなしの心で きっとちょっと違った雰囲気のお店になっているのではないでしょうか?

本当にまたゆっくりお邪魔したいですね。
私は独身のころ ペンパルの人や知り合いのソウル支店長のおじさん 皆さんにサポートしていただきあちこち旅を安全に出来たので たいへん助かりました。 今 出来るお返しをしたいと思い 韓国からの留学生のサポートや小学生の国際交流 強制連行で日本の炭鉱などで亡くなった方の遺骨返還のグループに共感したり と いろいろと考えるところありで 出来る範囲の協力をさせていただいてます。
今回バンポさんとお知り合いになれて 本当に幸せです。
今年は「併合100年」で NHKスペシャルでシリーズで放送するので 良く勉強するつもりです。義姉もとても興味を持って見ています。

2010/05/01 (Sat) 22:15

バンポマダム

No title

ちかにゃんさんは広くて深い心をお持ちのお方なんですね。
私も、そうならなくては...
本当に人って簡単に動きません。
まずは自分自身が上に立てる人間にならなくちゃなりませんよね。
まだまだ修行が足らないようです。
お姉さん共々韓国のことに大変関心をお持ちのようで、嬉しいです。今後もよろしくお願いします。

2010/05/02 (Sun) 10:24

♪Hiroron♪

No title

外国生活をしていると、どうしても強くならざるを得ませんね。
その異国の地でお店をなさっているバンポマダムさんは、私なんかとは比べ物にならない位それを強く実感しているかも知れませんね。
お互いバリバリの韓国アジュンマ目指して頑張りましょう!(笑)

2010/05/02 (Sun) 16:09

バンポマダム

No title

そうですね、hiroronさん、韓国アジュンマにも負けないアジュンマになりましょう!!
って、既になってたりして。

2010/05/02 (Sun) 22:40

江南

No title

日本も昔そうでしたが、韓国では「他人との比較」でしかアイデンティティーを認識できないみたいです。会社とか役職とか住んでいる場所、乗ってる車なんかですね、最初はびっくりしましたが、今は慣れました、その国で暮らすという事は「社会的価値感」を受け入れるという事です。
「Yes」「No」がはっきりしないのは世界中で「日本」だけですね、外国人相手だとはっきり言いますね~
日本では「検討します。」は「No」なんですけど、韓国では「Yes」の意味ですので注意が必要ですね。
僕は韓国でも厳しい上司ですけど「威張っているだけ」ではだめですね「愛情を持って叱る」が必要です、最初は理解されませんが、最近は少しは理解されてきました。(と信じたい!)

2010/05/05 (Wed) 15:05

バンポマダム

No title

江南さん、偉いですね。私はこの『叱る』というのが苦手で、『こんな事言ったら相手が傷つくかな~自分のこと嫌いだって思われたら困るな~』とか、そういう場面ではまだ日本人的(というか、単なる自分の性格?)になってしまうんですよね。
もちろん、威張ってても駄目ですけど、叱れるときにはきちんと叱れる、そういう強さを身に付けけたいものです。(随分訓練されましたけど)

2010/05/06 (Thu) 00:45
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
お店のこと