海を渡った私、韓国に生きる

Welcome to my blog!

韓国の家族関係

2010/05/04
シオモ二との思い出 4
 
 韓国って四季があるようでないような。
 
ずっと冬だったと思ったら、春通り越して夏、
夏が終わってちょっと涼しくなったなって思ってたらいつの間にか冬。
 
だから韓国人の性格って性急だという説もある。
何でもかんでも早くしなくちゃ気が済まない。
 
私は、『急がば回れ』であるから、それこそ家族の中でぶつかりっぱなし。
 シオモ二はそんなメョヌリ(嫁)をもらったものだから、
さぞかしタッタッパン思いを沢山されたことであろう。
 
 シオモニのお友達や知り合いの方との電話での会話の内容を聞いていると、
大抵いつも私のことをおっしゃっておられるのだが、
 
『ウリ ミョヌリ イルボナーンデ、メンメーンハダ』
このフレーズが必ず出てくる。よーするに、のろくてぼーっとしてるってことが言いたいのでしょう。
 
 でもねっ!!別にわざとのろいわけじゃないのよっ!急ぎすぎて失敗するよか、
遅くても丁寧にきちんとできた方がいいんじゃないでしょうか??
 
 しかし、それは言い訳にすぎず、ハングKミョヌリは早くてなんでも丁寧なんだって。
 
特にシオモニはキョンサン(慶尚道、釜山とかウルサンとか、そっちの方)出身であられるから、ただでさえ性急な性格にもう一つ輪をかけたような性格でいらっしゃる。
だからこんな私との10年間はまさしく拷問のような日々だったに違いない。
 
 以前も何度となく記事の中に登場してきたが、韓国の家族関係は実に親密である。
 
毎日一緒に暮らしていて顔つき合わせているのにもかかわらず、何度となく電話で会話をする。
『そんなん、帰ってからにしたらええやん!!』と言う内容であっても。
電話代もったいないよねー。
 
 私なんて日本へひと月に、いや半年に一度するかしないかなのに。
 
 それにとにかく干渉がすごい。
『もう、ほっといて~~!!』
と言いたくなるくらい。
でも、もし、言われるとおりにしないと....御想像におまかせします。
 
 でも、不思議と
『日本へ帰ってやる~~!!』
とは思わなかったですよね。
 
自分で決めたことだし、弱音を吐くのが嫌いなタイプ。
韓国語で言うと、
『コジプ セダ』って言うんでしょうかね、だからここにいるんでしょうね。
 
 いまやグローバル時代、国際結婚なんてのもごく一般的になりつつある。
今もし、『韓国へお嫁に行きたい~~』って思っていらっしゃる方。
ある程度の覚悟はしておいた方が良いでしょうね。
 
ま、私のうちが特別だったのかもしれませんが。
 
 顔は似てても性格まるで違う韓民族。
 
 まだまだ闘いは続きます。
 
 
 https://overseas.blogmura.com/korea/にほんプログ村海外生活プログ
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



Comments 4

There are no comments yet.

ちかにゃん

No title

日本の私だって「闘い」ですよ~。とは言え アルツのシオモニですから 別の意味ですけどね。 今日も義姉と見守りに行き入浴やらあれこれしてきました。 今筍が旬だからご飯に煮物とお弁当にして行きましたら ずいぶんと美味しそうに食べながら 実家が農家で周りの竹やぶには沢山筍が生えたけどすぐ伸びてしまい収穫のタイミングが難しかったとか楽しそうに 数回も同じ話をしてました。

シオモニは昔は兄嫁は兄弟が多い中で育ったから協調性があるみたいなこと言ってましたね。私が1人っ子だからワガママだと思い込んで居たようですし あんまりヨイショなこと言わないから気に入らないところが多かったんでしょうね。 でも現実には 可愛げの無い方が 全ての責任者になってしまいました。 干渉はさほど無かったですが 日本だからでしょうね。 先に未亡人になった実家の母にも気を使っていたのでしょうね。

2010/05/05 (Wed) 01:24

江南

No title

韓国の人に理解されないのが「急がば回れ」とか「負けるが勝ち」ですね、僕の韓国語能力にも問題があるのかもしれませんが、韓国の人にとっては「意味不明」ですね。
「急いでいるなら直線距離を走る」「負けたら終わり」そんな社会ですね。
もう一つありました「試合に勝って勝負に負ける」ですね・・・日本の方が「物の見方」は多面的です、「時間軸」も違いますね~

2010/05/05 (Wed) 15:18

バンポマダム

No title

ちかにゃんさん頑張っておられますね。
そんな頑張りが、いつかちかにゃんさんのところ、また子孫代々に返って行くことでしょう。私はそう信じてます!!
所変わっても皆同じく苦労をしているのですね。

2010/05/05 (Wed) 22:24

バンポマダム

No title

江南さん、よく理解されておられますね、韓国人のこと。最初は『何で??』と思っていたものですが、今ではすっかり感化されてしまい、日本人的な考え方がしにくくなっています。こわいですね~~プログなどを通じて、日本の方々となるべく接するようにしなければならないようです。

2010/05/06 (Thu) 00:23
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
シオモ二との思い出

[BigGirlNoCry] designed by Akira.

Copyright © 海を渡った私、韓国に生きる All Rights Reserved.