終わって嬉しい嫁暮らし

Welcome to my blog!

悩み多きお年頃..(小5)...

2010/10/01
子供と韓国での教育~小学校編~ 4
 息子が4年生の1学期までは学校から帰るとハルモニとオンマが
『お帰り~~』
と出迎え、間食を準備してもらえた。
 
しかしハルモニが亡くなってからはオンマは仕事でいないし、
もちろんハルモニもいない。
いわゆる鍵っ子になってしまった。(私自身もそうであったが)
 
ハルモニは、誰であろうといったんうちの中に入れば
すべての人がお客様。(それがビラの管理のおじさんだろうが、掃除のおばさんだろうが、
なんかのASのために来たおじさんだろうが...誰でも彼でも)
 
 必ず何かを飲ませるか食べさせるかしない事には
絶対家に帰さない。
 
 だから、もし息子が友達を連れて来ようものなら、
私が大変忙しくなるのだ。
 
 息子の友達に日本語を教えていた事があったが、コンチャに加え、
間食、夕食または昼食まで与えていた。
 
シオモ二のお考えは、そうして与えてあげる事により、何らかの形で返って来る、
と言う事であった。すべて孫のため。
私が少々苦労しても、孫の為だから。
 
 さすがの私も、いつもいつもとなるとさじを投げたくなる事だってあった。
『めんどくさ~~』
しかしシオモニ絶対だったから反抗もできず...
 
 そんな環境で育てられたから、今はさぞ
寂しい日々を送っていることであろう。
 
 学校から帰れば、待っているのは犬だけ。


 
 オンマは夜10過ぎないと帰らない。
(コモはちょっと早いけど。)
 
 最近学校に行くのを嫌がる理由が、
2学期クラス委員になってから、葛藤が多いことらしい。
先生はあーゆう感じだし(私から見てもちょっとね...)
 
生徒たちの『先生の評価』(ソウル市から出されたもの)で
子供たちが良い評価をしなかったと言って
『ノイドゥリ ヤンシミ インニャ?!』とおっしゃったお方。
 
 うちの息子はどちらかといえばうるさい方ではないようだ。
(学校では)内弁慶というのでしょうか?
だからクラスの子供たちが正しい事をしなかった場合、
はっきりと言えないようなのである。
 
 言っても迫力に欠けるのか、言う事を聞いてくれないらしい。
(小5といえばそろそろそんな時期なのか、
自分の記憶でも、当時先生の言うことや学級委員の言うことを聞かないヤツがけっこういたようだったけどな。)
 
 そして、親の言うこともろくに聞けないのに
ましてや同い年の子のいうことなんて、もっと聞けないんじゃないの?
 
 ま、テコンドーとかで体鍛えてて、よっぽど強そうだったりしたらわかんないけど..
 
 だからこの間のコモの話によると、泣きながら息子が訴えるには、ある子が、
『○○(息子の名)を学級委員に選んだのは
間違ってたんじゃないの?』
と言ったそうだ。だからもう生きたくないって。
(学校に)行きたく、じゃなくて、生きたくないって。
ちょっとこりゃ深刻だわ、って思って、昨日話をしたんだけど。。。
 
 「あなたという存在は一つしかない。どこ探したって同じ人はいない。そんな大切な存在なんだから、もっと自信持っていいよって。今とても貴重な経験をしているのだから頑張って、何か力になれることがあれば何でも言いなさい』って。
 
 
 そしたら、安心してか疲れて眠かったのかすぐ眠ってしまった。
 
 だんだん難しい時期に入ってきた。
悩みながら成長していくのだと思うのだが...
 
 お母さん応援してるよ、頑張れ!!息子よ!!
https://overseas.blogmura.com/korea/
 
スポンサーサイト



Comments 4

There are no comments yet.

ちかにゃん

No title

大きくなるにつれ 個性がはっきりしてくるし クラス運営もなかなか大変なんでしょうね。(頼り無い先生なの?)

クラス委員も大変だと思います。 まして韓国の小学校。 日本よりも 「自己主張が強くないと埋没してしまう」 様な感じですものね。 オンマがシッカリ受け止めてあげれば 安定すると思います。

2010/10/01 (Fri) 09:06

背番号41

No title

初めてコメントさせていただきます。元バンポ住民さんと一緒に一度お店にお邪魔した者です。
私は主人の転勤でソウルに住んでいます。中1の息子と小4の娘がおり、娘は日本人学校ですが、息子は小学校から打ち込んできた野球を続けるために野球部のある現地校に通っています。韓国語が全く話せない状態で今年の3月から通い始めましたが、少しずつ慣れてきました。言葉の壁や日韓問題などで結構辛いこともあるようですが、大好きな野球中心の生活なので何とか頑張れているようです。この7ヶ月間で「この先3年生まで本当にやっていけるかしら?」と思うことも度々ありましたが、親子で祈りつつ一日一日を過ごしてきました。息子さんも学校で辛いことがあったようですね。バンポマダムさんの息子さんに対するご返答はとてもすばらしいなと感じました。親が、子供のありのままを受け入れているのだと伝えることは重要ですよね。
また親は子供に、試練のない環境を作ってあげるより、試練の乗り越え方を伝授したり、共に模索したりすることが大事だと思います。お互い、子供がタフに成長するためにタフな親になりましょう^^。長くなって申し訳ありません。

2010/10/02 (Sat) 23:46

バンポマダム

No title

ちかにゃんさん、担任の先生決して悪い人ではないと思うのですが、子供たちの個性を伸ばしてあげるというより型にはめたがる傾向にあるようです。(ま、確かに何でも野放しというわけにはいきませんが)

先生もいろいろな方がいらっしゃるという事を学ぶ事も必要だと思いますけどね。
これを機に息子がもっと強くなってくれる事を祈るばかりです。

2010/10/03 (Sun) 18:45

バンポマダム

No title

背番号41さん、こんにちは。コメント返し遅くなりました。
お店のことでいろいろと忙しくしておりました。

そうですね、誰も代わりになってやることはできないのだから、お手伝いしてあげることしかできないですね。でも、息子さん偉いと思いますよ。言葉もわからないのに、ちゃんとやってるなんて。
背番号41さんも共に御苦労されておられるのですね。

御丁寧なコメントありがとうございました。
機会があれば、またお立ち寄り下さいね。

2010/10/06 (Wed) 18:46
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
子供と韓国での教育~小学校編~