海を渡った私、韓国に生きる

Welcome to my blog!

『少女時代』に対する息子の意見

2010/10/22
☆子供と韓国での教育 0





うちの息子は『少女時代』のファンである。
昨年、クラスの女の子4人に混ざって代表で『gee』なんかを踊ったりした。学年の行事で研修旅行?(何て言うんでしたっけ、泊りがけで行くやつ)でクラス代表で発表するとか言って、家に集まって練習したりしてましたよね。『ジャンバー、おそろいにしてかっこよく決めよう!!』なんて意気込んでましたが、やっぱり『少女時代』だからナムジャが入ってるのはちょっと...なんて言っているうちに立ち消えになってしまった。それに、学年が変わってクラスも別々になってしまったしね。
 
ところで、日本で大変な人気を集めている彼女たちであるが、その理由がよくわかる気がする。
先週の土曜日、KBSの『それが知りたい』??でしたっけ??タイトル忘れた...でやってましたよね、日本のグループなんかと比較しながら、その人気の秘密を探ってましたよね。
 
 う~~ん...やっぱし韓国の彼女たち、かわいい。日本チーム??う~~ん...聞く人が聞いたら怒るかもしれないけど...
モッセンギョッタ~~....
 
すみません、あくまで私個人の感想ですからね。うちの息子が好きで聞いたりしてるから、が一番の理由だけれど、けっこう歌も上手いから店でCDかけてたりなんかもしてました。時々口ずさんだりもしたり...
 
この先どうなるんでしょっかね~~この人気は??
 
息子に『少女時代』日本進出の感想を聞いてみた。
『クジョ、クレ~~』とな。
『え、それだけ?何かないの??』
『だから、何回言わせるの?おんなしこと何回も聞かないでよっ!!』
『よーするに、アラッソ ヘラって言うことよね。』
『うん、マジャ』
 
というわけで、喜んでいるわけでもなく、否定的でもなく...といったところでしょうか。
ま、もともとすごい熱烈なファンでもないみたいなんですがね。
思ったより冷めてますね、この子。
(しかし、真相はわからない...)
 
 
 

https://overseas.blogmura.com/korea/
 
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
☆子供と韓国での教育

[BigGirlNoCry] designed by Akira.

Copyright © 海を渡った私、韓国に生きる All Rights Reserved.