海を渡った私、韓国に生きる

Welcome to my blog!

こんな人もいるんですね。

2010/11/20
お店のこと 0
 先日の朝、出勤しようと準備していると、携帯に電話が。
出てみると中国アジュモニだった。
「ヨボセヨ、うちの店のモップ知りませんか?朝から見当たらないんです。」
 
 って言われても....最近私使ってないからわからないのよね。
 
いつもアジュモ二が使用した後洗って外の建物の横に立てかけておくのは
知っているけど、近頃は私が管理していないからね。
 
 店に向かう途中、一体どこに行ってしまったのかな、
金物屋の横を通り過ぎながら、新しく買って行こうかとも思いつつ、
でも探してからもしほんとーになければ買おうって事で。
 
 歩きながら、私の頭をよぎったものが。
 
「そういや、たしか隣のうちで水道工事してたみたいだったな~~」
 
 昨日の夕方、うちの店の前を水道、下水道工事をするトラックが何度も通り過ぎるのを
窓越しに見ていたからだ。「何度も通り過ぎる」理由は、
うちの店と横の建物は行き止まりの空間にあり、
もし他の車、例えば住民たちが入ってきたら移動させないといけない。
その度に車を動かさないといけないということなのである。
 
「気の毒ね~~、工事しに来てるのにいちいち車動かさないといけないなんて。」
 
と、人事のように眺めていた。
 
『あっ!!もしかしたら工事のおっさんたちの仕業?!』
 
 店に着くなり、まず隣の建物の駐車場を捜索。
幸いシャッターが開いていた。異常なし。
 
 あきらめていない私は、建物の裏側に回った。
少し高くなっている所をよじ登って....
 
『見い~つ~け~た~~!!』
私のカンは正しかった。裏側の壁に放置してあるモップさんを発見!!
 
『今度会ったらただじゃおかないわよっ!!とっちめてやるからねっ!!』
 
『ほら、モップ見つけたわよ!!』
『え、どこにあったんですか??』
『よく探したらあるわよ。ちゃんと探しなさいっ!』
 
 というわけで、新しく買わずに済んだモップさん。
 
 その日の午後。
何気に外を見ていると、例の水道工事のトラックが....
すかさず店を飛び出し、工事のおっさんたちの所へ向かった。
 
『あのですね、うちのモップどこにやったんですか??』
『あ、え??モップですか??あ~~、建物の横にあったので、
 こちらの建物のものだと思って使ってしまいました。本当にすみません ん。お返しします....』
『いや、使っちゃいけないってことじゃなくて、使ったらちゃんと元の場所
 に戻してほしいってことなんです。』
『....すみません、持ってきます...』
『あのですね、もう既に探して スンカ~~ナッソヨ!!』(隠しておいたのキョンサンマル)
 
 アジョッシ、少し苦笑い。
私が怖そうに見えたってこと?! 
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
お店のこと