海を渡った私、韓国に生きる

Welcome to my blog!

他人はしょせん他人。 ~激突!チームジャン対チュバンジャン 後編

2010/11/25
お店のこと 2
 さてさて、二日間の休日を満喫したわたくしは、
まだ完全に回復はしていなかったが
実は本日からアルバが来ないため、いやでも出勤せざるを得なかった。
 
 まだ喉が痛くて声が思うように出せないから
中国イモに
「今日は私声が出せないからホール見てね、
代わりに私がソルゴジやるから。」
と頼んで、中に引っ込んだ。
 
 なぜか、久しぶりに今日は忙しかった。
私が来たからかな~~??
 
 しかしソルゴジはもうお手のものなので、
全然たいしたことはない。これくらいのソルゴジの量なら
売り上げもこのくらいかな?
なんていう予測までできてしまう。
 
 しかし今日は予測を大幅に上回っていた!ので驚き!!
 
 昼食後、お客さんがおられたので
ホールは見ていなくちゃならない。
仕方なくわたしはカウンターの守り役。
 
 皆さんのプログを拝見したり、していたけど
やはりまだ本調子じゃない為、しばらく座ってるのも
しんどいのだ。
 
 で...唯一の我々の休息の場はチュバンジャンが占領しておられる。
「ピッキョラ~~!!ハンシガン チャミョン テッチ~~!!」
 わたくしが声を張り上げ、無理やりどかせた。
「チームジャン二ム、アップシミョン チベカソ シセヨ~~」
 
ですって。全く、礼儀の無いやつめ!!
もちろん、仕事してしんどいのはわかるけど、
一言声かけてくれるとかさ、そういうことないもんね。
自分のことしか考えてない。
 
 この時点でもかなり頭に来てたけど、
とりあえず奪ったチャリで横になり、イモと中国イモも呼んで
一緒に安む事にした。
 
 さて、本題の本日の事件はこのあと起こった。
(前置き長すぎっっ!!)
 
 お客さんからカレー一つ注文を受けた。
で、何故かもう一つ準備している。
「誰のかしら??」
疑問には思ったけれど、どこかサービスに出されるのだとてっきり思っていた。が。しかし。そうではなく、
 チュバンジャンが召し上がっておられた!!
「え~~??そんなことあるの~~??
 知らなかった~~」
と、なかばふざけ気味でのたまわれた。
 
 完全に私は頭に血がのぼり....
しかし、一呼吸おいてこう言った。
「あのですね、食べるなと言っているのではなく、
 私がこうやって行き来しているんだから一言、
 お先にいただきます、とかいってもいいんじゃ
ないの??それが礼儀ってものじゃないの??」
 
「チームジャン二ムわかってないねえ。
 普通食堂ではいちいち断ってなんか
食べないんですよ。特に夕食の場合は
食べる人もいれば食べない人もいる。
勝手ですよ。だったら他の食堂行って聞いてごらんなさいよ。
日本と韓国の文化の違いじゃないですか?
それに、以前もこういうことがあって同じこと説明したじゃないですか。その時は初めてだったけら言わなかったけど、何度も言ってるじゃないですか。食堂とはそういうものだと。いちいち主人に対して食べるとか食べないとか、そんな事言いません。(キッパリ)」
「(なに?また日本、か?馬鹿にしとるんかこいつ)あのですね、日本とかそういうのが問題じゃなくてですね、あたしゃ韓国にヨメに来てそれを習ったんですよ!!礼儀としてそうしてほしいというだけのことなんですけど!!」
 
「ここは食堂ですからね。私にはできませんね。もしそれをチームジャン二ムが強要するというのなら、私に辞めてしまえというのと同じことなんですよ。」
 
「は?何が言いたいの?私には理解できないわ!!」
 
「チョンマロ...ミッチゲンネ...」
 
イモが横からフォローされる。
「チームジャンニムは、そういうことじゅあなくって、ただ、お先にってことを言ってほしいのよね。」
 
 私が言いたいのは
ただそれだけなのに、なんでこう屁理屈が多いの?他のシクタンではそうかもしれないけど、
私はここのスタッフたちを家族同様に思っているし、気を遣っているつもりだったのに。
 
 思わず涙ぐんでしまった。
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

*さゆりん*

No title

韓国人に礼儀を教えるのは至難の業ですよね。
一言声をかけるとか出来ないみたいですから。
家族(シアボジ、シオモニ、義兄族、義妹、我が家)で食事に行く時などは、私は仕事で忙しいからどうせ来れないだろう...と行けるか行けないかの確認もなく除外されています~><
私はもう諦めていますけど、頑張って下さいね^^/

2010/11/25 (Thu) 17:44

バンポマダム

No title

さゆりんさん、相当正しい家庭教育を受けていない限りは難しいようですね。うちのシオモニは、そういう点にはとても厳しいお方だったので、例えばうちのチュバンジャンみたいなやり方は到底理解ができないんです。

え~~いくら仕事だからって言ったって、除外(っていうか、思い込みっていうか)してしまうなんて、ひどいですよね~~

ここは、あきらめるしかないのかしらん。

2010/11/25 (Thu) 19:01
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
お店のこと