海を渡った私、韓国に生きる

Welcome to my blog!

普通どおり

2010/11/27
お店のこと 0
 さて、昨日気まずい雰囲気が残る中、出勤したわたくし。
朝、日本に行った時買ったおせんべいを持っていこうかと
かばんの中にいくつか入れたのだが....
 
「え~~いっっ!!もう絶対気を遣わないって決めた
 んだよね、持って言ってあ~~げないっと!!」
 
 再び取り出した。(みんなおいしいって言ってバリバリあっという間に食べてしまってたし。
価値もわからない人たちに持ってく必要ナシ!!)
『どこのどいつが割ってそのまま逃げたんじゃ~~!!』
 
 どうやら私が休んでいなかった時に、どちらかのご婦人が
運転を誤ってガキンとおぶつけになられたらしい。
 
『なんで 私に言わないの~~!?』
 
イモ:『どっかのアジュンマがぶつけたみたいよ。』
中国イモ:『おとついぶつけたみたいです。(私に)ご存知な
     なかったですか??』
 
(も~~どいつもこいつも人事みたいに...そうよね、人事よ、人事。しょうがないことよね。
それにしても、オヌ ニョンの仕業かっっ??)
 
 他の鉢に移し替える作業をし、
鉢植えはとっても重たいから、ナムジャ
(お?今日はなんだか言う事良く聞くな~~)
 
 さっすが、韓国人。
『イカ、トゥセヨ~~』
『いらないっ!!』
『まあ、召し上がってごらんなさいよ。』
『そうお?でもこれはね、もう一度あぶった方が
 おいしいんですよね~~(火に、あぶりあぶり...)
 お、いけますね~~おいしいですね~~』
『(イモ)ハルモニがイカを干して作りなさったって。』
『わ~~だからおいしいんですね~~』(なんと単純な私...)
 
 これで十分ですね。
『謝る』というカタチがこんな風にして出るんですね。
 
 お蔭様で今日は忙しく、いやでも会話しなくてはならないし。
 
   (お客様のメッセージをそのままお伝えしなくては
なりませんからね。)   
 
 いつまでも気にしている自分自身が、今度はバカバカしくなってきた。
『明日おせんべ、持って行ってあげなきゃ。』
 
 傷が完全に消えたわけではないけど、
でも。私のために、気にするのはやめましょうと。
 
 ひとつひとつ階段を上がるような気持ちで。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
お店のこと