終わって嬉しい嫁暮らし

Welcome to my blog!

先生のお気持ち。

2010/12/18
子供と韓国での教育~小学校編~ 2
 先々回、『意味のない質問調査』についての記事を書いた。
 
その記事を書く前、実はこんなことがあった。
(ま、確かにその先生は理解できない面があまりにも多いけど、
 ちょっと言い過ぎたかな~~と良心が痛みまして...)
 
 ある日の午後、息子から電話がかかってきた。
(切羽詰ってるって感じで...)
『オンマ、今日いつ帰って来る??』
『え、もうちょっとしたら帰ろうかな?』
『今家にいるんだけど、チング達がきているんだ。
ぼくはもうすぐハグウォンに行かなくちゃならないんだ。
だから、早く来て!!』
『(??)なんか食べさせた?』
『ううん、時間がなくてそれどころじゃなくって。』
『ふーん、とにかくわかったわ。』
 
 一旦電話を切った。
 
 こちらはちょうど昼食を終えたばかりで、食後のコーヒー
『オンマ!!いつ来るの??』
『あ、今出ようと思ってたところよ。』
『ふ~~、良かった。うち、ものすごい状態で....』
『お、誰か来たっ!!』
(驚いた様子で...)
 
『アンニョンハセヨ~~』
(ぎゃ~~っ!!なんじゃこりゃ~~!!).... 心の声....
見ると4人の子供たちが、大格闘の最中だった。
 
(息子の友達のうちの1人が私にすり寄りながら...)
『オ、オモニ~~!!すみません、すみません、
 少し遊んでいっていいって言われたもので...』
『お~~、クレ?なんかおいしいもの食べた??』
(少々動揺しているが、落ち着いた声で...)
 
『い、いえ、すみません、すぐ帰ります~~
 アンニョンイゲセヨ~~!!』どたどたばたばた.....
 
ふ~~....そういうことだったのか...
 
居間には沢山の散らばったわごむと、ひっくりかえった座布団の数々、
大移動した犬小屋、テーブル....
 
 こりゃ、先生方もこんなん相手にさぞご苦労されておられることだろうなあ....と。
片付けながらそんなことを思っていました...
 
 ま、たしかに、ひどいこと仰っておられるけれど、
子供あずけてる立場として、ちょっと心遣いが欠けていたかな、と。
 
 感謝の念は忘れてはなりませんね、いくらひどい先生であったとしてもね。
 残すところあとわずかとなりましたが、よろしくおたの申します....
 
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

*さゆりん*

No title

韓国の子供達って限度を知らないというか...過激ですよね~~
家の中は散らかすし勝手にいろんなものを食べるし....
さぞ先生達は大変だろうなあ~っていつも思いますよ。
最近はどこでどんな情報が流れるか分からないので、お仕置も出来ませんしね。
幸い息子の担任は良い先生らしくて、息子自身が先生を信頼しているのでありがたい事なんですけど^^;;

2010/12/21 (Tue) 13:18

バンポマダム

No title

さゆりんさん、こんばんは~~
え~~っ!!人のうちのもの、勝手に食べるんですか??
そりゃちょっとひどいですね。幸いその子たちはそこまではしませんでしたが。
息子さん、いい先生に恵まれて良かったですね。
来年こそは!!とつぶやいています。

2010/12/21 (Tue) 23:52
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
子供と韓国での教育~小学校編~