海を渡った私、韓国に生きる

Welcome to my blog!

ゴミ箱の中の新鮮な卵たち

2011/04/05
お店のこと 4
  
 
 
 ソレククシ。
 
お隣のプペやっている若社長さんが受け継いで、
今はそのオンマといとこのお姉さんと共にやっている。
 
まだ契約期間が残っている為、私が少しでも顔を出さないとまずいかなということで
お昼の2時間だけお手伝いに行っている。(ここだけの話。)
 
 メニューはすっかり変わって(とはいってもククシの名前が付いているから、
 ククスメニューも少しは取り入れて。)
 
 メインはテグタン(たらちり)
    ムkパブ(どんぐりゼリーのごはん)
    ビビンククス(混ぜそうめん)
    チャンチククス(いりこだし汁のそうめん)
 
 こんな感じです。以前のようにメニューの種類はたくさんありません。
 それに、私はあくまで助っ人の立場ですから
 売り上げがどうとか余計な心配しなくてもいいので
 その点は楽ですね。
 
  チャンサ(商売)するには主人が何もかも出来なくてはならない。
  主人が何も知らないとなると、雇用人たちは主人をさげすみ、
  自分勝手なことばかりする。
  
  これが私たちが閉店に追い込まれた一番の理由でしょうな。
  とにかくな~~~んにも知らないド素人たちが始めたわけでしたからね。
 
 以前カルククス始める時に買い揃えた数々の品、
(新品の冷蔵庫、生地をこねる機械、汁物専用の冷凍庫.....)
 実は中古だってかまわなかった。
 
その時は厨房で絶対必要だから、と言われて買い揃えたのだが
 結局はそれを元返すだけの売り上げがなかった。
 
 売り上げがなくとも、人件費は支払わなくてはならない。
 それが悪循環となり、廃業に追い込まれた。
 
  今いる厨房のイモと社長さんのオンマ(以下オンマと省略)が話してくれた。
『え~~?全部買ってあげたの?』
 と驚いておられた。新品で買った割には手入れが行き届いていないと指摘された。
 
  また、材料費も重要な要因のひとつである。
 
 今思うと、私たちほんとーに人が良すぎたと思う。
 自分たちが食べたいと思う物を勝手に注文したり、市場に行くついでに買ってきたり。
 支払いはもちろん店側が。
(もちろん、私自身もおいしくいただいたわけだから
 どうこう言える立場ではないですが。健康第一でもありますし...)
 
 入ってくるものより出て行くのもが多ければ
 赤字になるのも当然。
 そういった管理がまったくできていなかった。
 
 これを教訓に、もし今後チャンサをするならば、
 私自身が出来るものでもってやらなくてはならないということを学んだ。
 
 出来る事であれば、他人は雇わない。これが一番。
 
  今日は厨房イモがお休みされたので、オンマと二人だった。
 お客さんもそれ程多くはないし、メニューも複雑ではないから二人で十分。
 
 一段落して私はホールのお掃除をしていた。
 オンマは生ごみをウンシクスレギトン(生ごみ用ゴミ箱)へ捨てていた。
 ふと見ると、オンマが何やらゴミ箱をあさっている様子。
『何やっとるんかな~~?』
 と眺めていると....
 
 『ちょっとお~~!!
新鮮な卵がうちのゴミ箱に捨ててあってねえ~~!!』
 『え、まさかあ。腐ってるから捨ててあるんじゃないですか?』
 
 早速オンマが拾ってきた卵を割ってみると....
おおっ!!ほんとーに新鮮な卵たち。
 何と『ハンパン』(普通ハンパンって言うと30個ですよね。)くらいそのまま捨ててあったらしい。
 
 時々隣の建物の住人が、ちょっとしたいいものをよく捨てるらしい。
そういや...以前ゴミ箱の上に新しいのりたちが捨ててあったのを見て頭に来て投げつけたことがあったっけ?
それ以来私はゴミ箱を見えないところに引っ込めたんだけど、
オンマたちは店の前のよく見えるところに出してたもんね。
 
 へえ~~~、それにしても一体どういうつもりなんでしょう?
捨てるくらいだったら最初っから買わなくたっていいじゃない?
 
それだけお金が有り余っているってこと??
もったいないよねえ。
にわとり飼育してる人たちが見たら悲しむよ、絶対。私だったら泣いちゃうよね。
    
 それとも、わざと?
もし旅行とかでしばらく家を空けるから、その間に腐ってしまっては困るから
(でも、腐る前だよ!)捨てたのか?
 
 だけどさ、そこの建物の2階も、
すぐ横も食堂やっているのはわかっていることなんだから、
もしそうであれば
『おすそ分け』みたいにして持ってきてくれるとかさ、
留守であれば入り口に手紙でも添えて置いておいてくれたりとかすればいいのに。
そういうテガリがアンドゥロガンヌンニャ?
そういう頭が働かないのか?(久しぶり!テガリ登場!!)
 
 ....世の中にはそんな人もいるんだなあ~~と、
驚愕してしまいましたよ...
 
 『捨てる神あれば拾う神あり』
 でもって、その卵たちは無事ソレククシアジュンマたちによって保護されました。
めでたしめでたし。
 
 ところで、私は昼の時間(12時~2時頃まで)は店に出ていることは出ているんですが、何せ私の判断で処理できないものですから
万が一お店に来ていただいたとしても特別な事をして差し上げられないので、
以前のように是非いらして下さいとは言えません。
それに、よくさぼっていますし...とりあえず契約期間が終わるまで、
ちょいちょい顔だけ出そうとは思っています。
 
 チャンサって大変ですね。
 

昨日教大駅(地下鉄3、2号線の近くの静かな住宅街で見つけました。
鮮やかな黄色が印象的でした。
 
沈んだ心も晴れやかになりそうな自然の色の美しさ。
 
ただただ自然に身を委ねて生きて行けたらいいのにな...
 
 
 
 
スポンサーサイト



Comments 4

There are no comments yet.

egaodewaiwai

No title

私は3回行かせて頂きましたが
いつもお客様がいっぱいで「商売繁盛」だなぁと
思っていたんですが。
本当に残念です。
あの味はもう違う経営者なので出せてないんでしょうね・・

2011/04/05 (Tue) 09:37

バンポマダム

No title

egaodewaiwaiさん、その節は本当に有難うございました。
繁盛するかしないかは、いくつかの条件が揃って初めてかなうもののようです。いくらおいしくても立地条件が悪かったり、アイテムがよくなかったりすればカーンということだそうです。難しいです。

2011/04/05 (Tue) 14:49

*さゆりん*

No title

義理のお姉さんから荷物が届いて1度も着ていない女の子用の子供服があったんですけど、娘にはサイズが合わなかったのでシオモニが近所のお宅にあげようとしたんですよ。そうしたらその方に”うちは人から物をもらわなければいけないほど困ってないからいらない!!”と言って怒られたそうです。
という事で、自尊心の強い韓国人には物をあげるにも気を使わなければいけないようです。よっぽど近い間柄でない限りプレゼント用に準備した物でない限り人にあげるのはあまり良くないそうですよ。
そういう意味で卵も捨てられてしまったのかも??

2011/04/08 (Fri) 15:52

バンポマダム

No title

さゆりんさん、なるほどそうですか...
私だったら喜んでもらっちゃうのになあ。
うちの周りの人たちは以外にそういうのはおおらかで、あげたりもらったりよくしてました。(ちょっと知ってる程度の人も)
もう、そんな自尊心なんて捨てちゃったらいいのにね~~

2011/04/08 (Fri) 16:41
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
お店のこと