海を渡った私、韓国に生きる

Welcome to my blog!

韓国人の美的感覚

2011/06/26
日本の文化、韓国の文化 8
 
 
 昨日久しぶりに地下鉄
歩いて行く途中通路の中で不思議な物を見た。
 
普通に見れば別に何てことないものなんだが
 
それはある『整形外科』の広告の看板だった。
どこの駅の通路にもあるごく普通の看板なのだが。
 
よく顔写真があって
『整形前、後』っていって目が隠してあるあれです。
 
今まで見てきたのは大体が女性の顔写真で、
低い鼻が高くなったとか、出てたアゴがひっこんだとかそういうのはよく見てきた。
 
で、昨日出会ったのは
 
ハラボジ(おじいちゃん)
 
整形前はほら、総入れ歯してる人が入れ歯取ると
ぐしゃっとした顔になってしまうじゃないですか。(失礼)
その顔の写真で、整形後はきちんと整った顔にも戻っているというもの。
 
・・・単に、入れ歯入れただけじゃないの~~??
みたいに思ったんだけど、そうでもないようで・・・
 
だけどね・・・
 
どう見ても、60代後半~70代くらいにしか見えないハラボジなんですよね。
その年になっても、美しさ
再婚?
 
ま、若い女性(若くなくても女性はまた別ですよね)だったらまだ理解し易いですけど
ハラボジがね・・・
 
第二の人生を謳歌する為なんでしょうかね?
 
何にしても不思議な光景でしたよ。
 
 
スポンサーサイト



Comments 8

There are no comments yet.

*さゆりん*

No title

ついにここまできましたか...。
私も職場でシミ取りをしたら良いとか、二重にしたらどうかとかいろいろ言われますよ。
でもね~、お金もかかるしその気になれません。
何できれいになる事に一生懸命じゃな訳?みたいに言われるんですけど、逆に自然のままじゃいけないの?って思ったりします。

2011/06/26 (Sun) 17:07

バンポマダム

No title

さゆりんさん、
なんかもうわかりません…
いじくるのが普通なんですもんね、ここのお方たち。
自然が一番ですよね。

2011/06/26 (Sun) 20:58

アエリエル

No title

コメント読んだ後のコメントです。「いじくるのが普通」ですか(笑)。だったらお姉ちゃんからじいさんまで男女・年齢問わずお金さえあればいじるわけですね。それって国民性だとして、北でもそうなんでしょうか?

2011/06/26 (Sun) 23:41

まや

No title

韓国は世界一整形が盛んなお国なんですよね?老若男女すべてをターゲットに狙っているのですね!
私も自然が一番と思います♪

2011/06/27 (Mon) 00:01

バンポマダム

No title

アエリエルさんおはようございます。
整形、やってない人を探すのが難しいくらいです。程度の差はあれ、誰もがかまってます。(私もね、嫁に来てすぐ『ほくろ取り』←レーザーで取るやつ、させられましたもの。)
…北ですか、食べる事に事欠いてますからね、そういう余裕はないかもしれませんね。お偉いさん方はどうか知りませんけど。

2011/06/27 (Mon) 09:29

バンポマダム

No title

まやさん、
もうね、すごいですよ。
まずうちの家族からいきますと、おば1(お腹のぜい肉を取って頬に移植)、アイラインの埋め込みなど。 おば2(鼻を高くする、同じくアイラインの埋め込み) だんなと私(ほくろ取り)、亡くなった姑さん(顔のしわを伸ばすため、耳の後ろから切り込みを入れて皮を引っ張る)
ざっとこんなところですね~~(でもこれ、一般家庭でどこでも行われていることです~)怖いです~

2011/06/27 (Mon) 09:36

egaodewaiwai

No title

そんなに余裕のある、お宅が多いんでしょうかね
韓国の急成長振りは、日本以上かとおもっていまいますが、まったくついていってない部分もあって
謎の国です。

2011/06/27 (Mon) 20:54

バンポマダム

No title

egaodewaiwaiさん、
ほんとうに不思議な国です。
住めば住むほどわからなくなってきます。
顔が似てるから余計そう思ってしまうのかしらね。

2011/06/27 (Mon) 22:02
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
日本の文化、韓国の文化

[BigGirlNoCry] designed by Akira.

Copyright © 海を渡った私、韓国に生きる All Rights Reserved.