海を渡った私、韓国に生きる

Welcome to my blog!

学校へ講義を聞きに行ってきました

2011/06/28
子供と韓国での教育~小学校編~ 8
講義の主題は
 『 입학사정관제,미래형인재,자기주도학습』
(入学事情管制、未来型人材、自己主導学習)
 
韓国で教育しているオンマたちに一人でも多く聞かせたい内容である。
 
 いつもの風景。
講義などを始める前に必ず起立して韓国の国旗の前に敬意をはらう。
 
 
 『私、日本人なんだけど~~』
とひそかに思いつつ・・・・
 
嫁に来たんだし、ま、しゃーないなー・・・
 
 
 

  
講義して下さった
이 범監査ニム。
(イ ボム氏)
 
 
写真撮ってる物好きはいなかったみたいです。
 
 
 
 
 
 
 さて、この先生が進めておられるのは사교욕(私教育)とさよならしよう、というもの。
 
いろいろなデータを通してわかったことは、韓国は世界中で一番勉強する時間が長い!!
なのに勉強に対する興味が世界の中でも最も低い!!
という恐ろしい結果。
 
既にご存知のお方も多いかと思うのだが。
 
これはものすごい問題なんだけど。
 
必死でやってても結局は何にも身についてないし、
時間とお金のムダってこと。
 
詳しいことはここでは控えるが、『今の成績、点数』のみにあまりにもこだわりすぎる現在の制度。
 
もっとおおらかに、
『子供たちが20年、30年後にどのような姿で社会に出ているのか?』
もっと重視しなくてはならないのはこちらの方である。
 
『子供の目線』ではなく、親の目線で見てしまったりする。
 
中には天才とか秀才とか呼ばれる人がいる。
一回見たら覚えてしまう人。でもそういう人はごくまれであるし、普通はそうじゃない。
(ある面、異常?とも言えるかも。)
 
そうでもないのにあれもこれもといって興味のない知識を詰め込めさせる。
塾側も、決して子供の立場なんて重視していない。
 
そんな中で長時間させられるのって拷問じゃない?
 
とは言っても塾が全く駄目だというのではなく、子供の興味や水準に合わせた学習方法を
もっと考えないといけないということだ。
行きたくもないのに無理やりに行かせるのが一番良くないと。
(特に小学生)
 
早く改善される事を祈るばかりだ。
 
最後に、ショックなデータを見せられたのだが・・・
 
『将来親が大変な状況になった場合、親の面倒を見てあげようとする意欲、気持ちが高い国』
 
高い順から
1.フランス
2.イギリス
3.アメリカ
4.ロシア
5.スペイン
以下、あまりその気がない国。
 
6.オーストラリア
7.日本
8.韓国
 
・・・・・あんまり人のこと言えませんな・・・・
 
 
スポンサーサイト



Comments 8

There are no comments yet.

まや

No title

子供の教育は、どこの国も親の悩みの種ですよね。
勉強に対する興味が世界で最も低いのが、韓国というのはちょっと信じられないような・・・。それでも勉強する時間が世界一長いというのは、救いじゃないですか。あとは勉強時間の質の問題ですよ!子供の興味をうまくひきだせて学習意欲を引き出す教育者に・・・出会って欲しい!!とてもじゃないが、私には無理です!!(笑)

2011/06/28 (Tue) 18:57

バンポマダム

No title

まやさん、
ほんとうに難しい問題ですよね。
韓国人のお母さんたちはものすごいんです、私はついていっていません。多くの子供たちが学校が終わると塾のはしご。
でもはっきり言ってこれって時間の無駄だってことが今日改めてわかりました。

うちは私がブレーキをかける方でして、今も塾は最低限に絞っています。楽しく勉強できたらいいんですけどね。

2011/06/28 (Tue) 21:55

egaodewaiwai

No title

本当です!韓国の高校生たち、日本の普通の高校生はバイトに励んだり遊びに夢中よ^^ というと
・・・・ (ただし目的のある子達は別で)

私たちは誰もかれもが勉強に追われていて
「世界1かわいそうな高校生」といっていました。
でも 勉強をやめれない現実があるとも

本当にかわいそうです。

2011/06/28 (Tue) 22:26

バンポマダム

No title

egaodewaiwaiさん、
もうちょっと効率的な勉強方はないか検討してほしいものです。

知識の詰め込みだけで結局自分のものになっていないわけで、
考える力とか表現力とか、そういうのを養える教育システムに全体が変わってくれたらいいのですがね。

2011/06/28 (Tue) 23:33

アエリエル

No title

今回の記事も興味深く拝読しました。コメントを開けてみたらまやさんがでてきたので、すごい!名文家対決だ(笑)とインターナショナルな景色に遭遇してしまいましたが、焦点になっている問題はなかなか変えていくのに時間がかかるだろうな、と思わせられました。先日の美容整形もそうですが、財力や地位の誇示が根底にあるので、意識の改革には数世代かかるでしょう。ぼくの父と母は大教会(日本としては。4000人)の長老なので韓国の大教会(5万人!)と姉妹教会の提携を結んでから(光洲のデモ弾圧で戒厳令下でした)毎年招かれていましたが、サラリーマンとパート主婦が長老と知って驚嘆されたようです。韓国のキリスト教会は会社ごと・地縁血縁ごと入信するから寺受け制度みたいですね。長老は財閥か名門しかなれない。
よければまたぼくのブログにもいらしてください。始めて1か月と10日、ついに累計訪問者数1000人に達しました。あんな地味な内容ですが、恵みを与えられているようです。

2011/06/29 (Wed) 00:43

バンポマダム

No title

アエリエルさん、
私の亡くなったお姑さんがクリスチャン(とはってもさほど熱心な信者ではありません。韓国では教会は学校へ通うようにして出向いてますからね。)で、教会の送り迎えなどよくさせられました。

確かに牧師さん方はそれ専門でされている方が多かったですね。
もともとの基盤が違うようですね。
教会で地位??なんてちょっと不思議に思ったこともありますがね。

『意識の改革』ですか、大変なことですね。

2011/06/29 (Wed) 10:07

*さゆりん*

No title

韓国は世界中で一番勉強する時間が長い。なのに勉強に対する興味が世界の中でも最も低い
↑悲しい現実ですね...TT。
”今の教育現場は結局は大人目線でしかない!”などとうちの主人も偉そうに言っています。
今までは韓国は儒教精神のせいなのか子供の立場を重視してこなかったですからね。今後はその辺をもっと考える必要があるように思います。

2011/06/30 (Thu) 10:20

バンポマダム

No title

さゆりんさん、
そうよそうよ、もっと考えないと。
面白くもない勉強を無理やりさせられているにすぎないってことなんですよね。本当にかわいそう。
講義の中にもありましたが、今の韓国での教育制度(多分日本も似たようなもんでしょうけど)が成績重視なので何とかして上に這い上がろうとする、そうすると他の人間を蹴落とすってことになる。
口では、『皆さん平等に、仲良くしましょうね~』なんだけど実際は違う。矛盾を抱えた今の体制では将来への希望が持てませんよね。

ヨーロッパ諸国では既に成績重視より『人間性』重視の教育体制が整ってきているそうです。

2011/06/30 (Thu) 12:08
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
子供と韓国での教育~小学校編~

[BigGirlNoCry] designed by Akira.

Copyright © 海を渡った私、韓国に生きる All Rights Reserved.