海を渡った私、韓国に生きる

Welcome to my blog!

暴力を振るう子

2011/11/27
子供と韓国での教育~小学校編~ 12
 
 
外出するといろんなものが見える。
今日(ってか昨日)病院
大通りを救急車
道は混雑、そして車
よけようとしない。
最近は運転しないけど、良く道走ってて後ろから救急車が来ると
日本
でも、韓国の人ってよけないのよね。そのまんま、
『道混んでるんだから仕方ないじゃん!』
って感じで、努力さえしない。
何考えてんだかね。もし立場換えたらどうするんかね。理解できませんなあ。
 
地下鉄
ネタを探すために地下鉄に乗るわけじゃなく、乗るといろいろ見せ付けられるのよね、
それだけ個性が強いって言うのかなんなのか。
 
私が座ったちょうど前に、3人の男子生徒(多分中2~3)が乗り込んできた。
3人は友達同士のようで二人はきちっと制服を着ているが、
あとの一人は薄汚れたトレーニング(韓国ではジャージって言うと支障がありますからね^^;)
を着ていて、サンダル履きだった。
そして、補助かばん(手提げ)を足で踏みつけていた。
なんとも、いかにも嫌われそうって言う雰囲気が漂っていた。
 
その子、隣に立っている子にやたら叩いたりけったりしていた。
まあ、ふざけてだとは思うんだけど
沢山の人が乗っている中でそうするってことは
普段からそうなんだろうな、と思うのだが。
叩かれる子は別に気にしてない・・・というのか、気にはしてると思うけど
人たちの目
私、さり気なく目を合わせないようにギロッ
それを察してか少しおとなしくなったようだった。
 
その子達、私が降りた駅
反対方向へ行ってしまったのでその後どうなったかはわからない。
補助かばん蹴飛ばしながらね・・・・・
 
そのトレーニングを来ていた子、様子から見て
親が忙しい為あまりかまってもらえないのか、というよりも
殴られたりしているんじゃないかな、とさえ思ってしまった。
可哀想な子だった。
 
うちの息子、週一度運動に通っているのだが(バスケットボール)
ある子がゲームで負けたといって、送り迎えのバンの中で
顔を引っかかれて帰ってきたり
数学塾の同じクラスの子が叩いたりと、
けっこうそいうことがあるらしい。
(かなりのストレス抱えているんでしょうね・・・)
 
息子、小3の時ボクシングに通ってたので(保身術を身に着けろと、シオモニが通わせた)
仕返ししようと思えばできないことはないと思うんだけど(って、ほとんど忘れてるだろうな)
わざとしない。なぜかといえば
 
息子曰く
 
 
 
『仕方ないよね、そういう子たちなんだもの。
 ちょっと普通じゃないっていうのかね。
だから相手する必要もないから
 ほっておくんだ。そうすると、それ以上やらなくなるんだよね。』
早くも人生悟ったか??
 
私は
『そんなん、やり返したれ!!』
 
どっちが親かいな。
 
確かに、息子の言うとおりだわね。
あまりひどい場合は別として、そうでなければそうやって受け止めてやると
相手が落ち着くっていうのか、やってらんないと思うのでしょうかね。
 
これからもっといろいろな家庭環境で育った子と出会い、
体験をしていくのでしょうけれど
どうか負けずに強く育ってほしいものです。
 
 
 
スポンサーサイト



Comments 12

There are no comments yet.

aein810

No title

お久しぶりです。救急車の話で私も以前から思っていたことなのでコメントさせていただきます。道路幅が広いのでよけないって・・・本当に自分が病院側とか患者の立場だったらどう思うんだって見るたびにいつも思います。こちらの免許持ってますけど日本の免許をうつしただけなので韓国の交通ルールがいまいちわかっていません。救急車やパトカーに関するルールってないんでしょうかね?

2011/11/27 (Sun) 03:12

バンポマダム

No title

AEINさんお元気ですか~?
私は日本の免許があったんですがミスって資格喪失してしまったので、こちらで取り直しました。
自動車ハグゥオンも一応あるようなんですが、私の場合は実技だけだったのでどうなのかわかりませんが、ちゃんと学科勉強しているのかがギモンです(日本みたいに)
あまりのマナーのなさを見ると、きちんと成されてないような気がします。(中にはきちっとした人もいますけどね。)
一番頭に来るの→でかい高級車に乗って駐車一つ出来ないアジュンマ!!(何習ってんだ!!)

ルールですか、なんもわかってないと思いますよ(怖)

2011/11/27 (Sun) 08:23

水無瀬より

No title

返還前の香港では、車優先で、轢かれた人の方が悪いことになっていましたね。
今はどうか知りませんけど。

2011/11/27 (Sun) 10:11

GOGO!!

No title

↑そういう奥様ドライバーを見かける度に、我が家では“김녀사”と呼んでます。。。f^。^;

2011/11/27 (Sun) 11:10

まや

No title

いろんな環境の子供がいますよね。いい環境の子もそうでない子も。それで、ひねくれて道を外すか、それをバネに強く生きるか。
人生くじ引きみたいもんで、当たりハズレどうなるかわかんないですよね~。その一見悪そうに見えた子も、パンポマダムさんに睨まれておとなしくなるなら、見込みありそうですよね(笑)
男の子の世界はよくわかりませんが、力関係で暴力もはいってくる事もあるのでしょうね。逃げるのは卑怯だから対抗できるように護身術身につけるのって必須だと思います。
うちも空手やらせてました。痛くてすぐ辞めると言い出しましたが(笑)

2011/11/27 (Sun) 12:07

egaodewaiwai

No title

あまりにも急激な経済成長の為、子供の親世代がいろいろな情報
や。「これをさせなければならない」という「あせり」が子供に圧迫を与え、教育についてこられないもしくは、経済的に追いつかず、本人もやる気のない子が、問題児になっていますね。
普通のお子様たちとの差が あまりにもありすぎて 本来いい子のはずが
なんかかわいそうな気がします。

2011/11/28 (Mon) 09:04

バンポマダム

No title

みなせさん、
そのようなことがあったのですか、残念な世の中ですね。。。
(その事件に関しては私は良く知りませんが)
『正直者がバカを見る』的な世の中、何とかならないものかと思います。

2011/11/28 (Mon) 13:19

バンポマダム

No title

GOGO!!さん、
ふふふ♪今後我が家でもそう呼ばせていただこうかしら。
あ、多分連発しないといけなさそうだわ~~

2011/11/28 (Mon) 13:22

バンポマダム

No title

まやさん、
そうなんですよ~~、その子見てたら可哀想になってしまいましたよ。でも目を合わせると怖いからわざと合わせずに(爆)
空手ですか、今も続けているんですか?何でもいいから一つ身に付けておくといいですよね。うちもね…もうすっかり忘れてるみたいね。
親の役割って大切だなって思いましたね。まやさんとこみたいに、愛情たっぷり注げるようにしなくては!!

2011/11/28 (Mon) 13:27

バンポマダム

No title

egaodewaiwaiさん、
ほんとに問題だらけですね。
事情はそれぞれあるかと思うのですが、最低限子供の洗濯とご飯作りくらいはしてあげるべきだと思いますよね。
踏みつけていた補助かばんを見ながら、多分親を含めて周りの人たちがその子に対して、それと同じ扱いをしているのかなと思わされました。正しく扱ってあげれば、その子きっと良く育っていくのではないかと思うのですが、残念です。

2011/11/28 (Mon) 13:37

*さゆりん*

No title

うちの息子からも良くびっくりするような韓国の子供達の生活ぶりを聞きますよ。
意味もなく叩かれたり貸した物を壊して返されるのは普通。
そうそう、クラスでシャーペンを持っているのが息子だけだったらしいんですけどね、そのシャーペンを借りるためにクラスの男子生徒数名が授業中に何度も席を立っていったりきたりするそうなんです。それで怒られて息子は先生から”シャーペンは辞めて全てボールペンにするように”と言われたそうです。
息子に”シャーペンを借りる子達は何で買わないの?”と聞いたら”いつも使うわけじゃないから買うのが面倒だ’と言うらしいですよ。何か変な話ですよね~。
韓国の子供達って本当に変だよって言うのが最近の息子の口癖です。

2011/11/29 (Tue) 10:08

バンポマダム

No title

さゆりんさん、
そりゃ変な話ですよね~
シャープペンなんて近頃はお値打ちで売ってますよね、お小遣い程度で十分買えますよ。
その変な子達の間で正しく育っている息子さんは大したもんですね。
授業中にシャーペン借りるためにウロウロするなっちゅーの!それは単なる言い訳に過ぎないんじゃないでしょうかね。

2011/11/29 (Tue) 11:49
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
子供と韓国での教育~小学校編~

[BigGirlNoCry] designed by Akira.

Copyright © 海を渡った私、韓国に生きる All Rights Reserved.