海を渡った私、韓国に生きる

Welcome to my blog!

しぶしぶ行きましたよ、健康診断。

2011/12/28
☆健康 6
 
 
いややなあ~~いややなあ~~
とつぶやきながら昨日予約した病院へ。
 
検査の為に訪れた人々でごったがえしていました。
普通の外来の患者さん



(私みたいな人、いるんやな)

 
待合室ではこんな会話が交わされている。
 
余裕を持って早目に来てれば混雑は避けられたと思うけど
韓国人
(私はただ単にボイコットしようと思ってただけだけど)
 
受付、問診表記入を済ませるとまず乳がんの検査。
 
おおっ!!これが噂のチチ挟み機ねっ!!
始めて見ました。
 
看護婦さん手馴れてますね~~
短い単語のみ使って、ちゃっちゃっとやってます。
そうでもないとこれだけの人さばけないもんね。
 
お蔭様でちちはさめました。
ちちが不足気味の人はどうするんだろうな~~??
 
視力、聴力、身長体重検査を済ませ尿検査、
ち~~採り
最後に子宮ガン検査。
 
人が多い割には流れがとてもスムーズで、要領も良かった。
それに、全体的に職員の対応が良い。
病院内もきれい。
 
気に入った、この病院(爆)
 
昨日電話に出てくれた方が
視力検査の所におられて
私のこと覚えてましたね~~、それほど外国人
めずらしかったのかな?
電話では名前が聞き取れないから、生年月日だけ教えてと言われたのですが
あんまりしつこく聞くと、ストレス受けちゃったら困るでしょ、
なんてにこにこしながら話しかけてくれた。
 
結果は2週間後郵送にて。
 
どうなることやら。
 
スポンサーサイト



Comments 6

There are no comments yet.

まや

No title

私、チチありませーん(笑)じゃ、マンモできませんね~。一回もやったことないですが(笑)
というか、インドネシアではシャワーのさいタオルとか使わず自分の手であわ立てて体洗うんですよ。だから、手の感触でしこり発見率は高いのでは!?とまたまた、自己判断(笑)
検査結果異常ないといいですね♪♪
でも、ドキドキしますでしょ?(笑)

2011/12/28 (Wed) 16:26

バンポマダム

No title

まやさん、
義母が検査された時『ぎゃ~~うわ~~ぎょえ~~』とかなりの叫び声を上げておられたので(もともと大げさなお方)かなり痛いのだろうと予測していたのですが、子供産むのより痛くなかったです。何とか耐えられる痛みでしたん^^
え、ごしごしタオルとか使わないんですか~~??
こちらではアカスリ徹底的にやりますからねえ。

ほんとに異常がないこと祈りますよ。
もしあっても、ま~いっかで済ませそう・・・

2011/12/28 (Wed) 20:30

Maria

No title

わたし、こちらで看護婦にwhere is your brest?と聞かれた人です。(^-^)ゞ
わたしも乳がん検診は一回もやったことありませんけど、、、いやですねぇ やるとしたら、貧乳がめずらしがられない(と思われる)日本でやりたいと思います!

2011/12/28 (Wed) 23:36

バンポマダム

No title

Mariaさん、
ひ、貧乳って・・・すごい表現。。
たしかにそちらのお方々ボリュームすごいですもんね。
その看護婦失礼きわまるわね!!
いいのよ、子供生んでちゃんと育てられれば!!

2011/12/29 (Thu) 10:13

*さゆりん*

No title

健康診断程度では大した事が分からないという話もありますけど、乳がんが発見されて無事完治した方も身近にいますから、やっぱりやっといた方が良いと思いますよ。
私の場合、子宮ガン検査の結果がいつも”要注意。6ヵ月後に再検査する事をお勧めする”とかなんですよね~。
でも次回の健康診断までそのまま放置しちゃうんですけど^^;;

2011/12/29 (Thu) 10:30

バンポマダム

No title

さゆりんさん、
できるものはやっておくに越したことはなさそうですね。

シオモニが乳がんで40代半ばで片方切除されました。その後30年後にもう片方にできてしまいましたが、今更手術なんて・・とおっしゃられ放置されて結局10年後に亡くなりました。(その他いろいろな合併症が重なったからでしょう。)
健康な人生を送りたいものですよね。

2011/12/29 (Thu) 16:36
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
☆健康

[BigGirlNoCry] designed by Akira.

Copyright © 海を渡った私、韓国に生きる All Rights Reserved.