終わって嬉しい嫁暮らし

Welcome to my blog!

卒業、そして入学 (後編)

2012/03/08
子供と韓国での教育~小学校編~ 12
 
今から6~7年前だったか、
KBSの朝6時のニュース前の公共広告で
こんなことをやっていた。
 
場所はあるリングのある会場。
リング場では一人の男子学生(中学生くらい)が
一生懸命勉強
 
観客はその父と母。
客席から
 
『頑張りなさい~~!!』
『踏ん張れ!!!』
『そこだっ!集中しなさい!!』
 
などの激を飛ばし続ける。
 
しまいにはその学生が
 
『うわ~~~~!!』っと叫び声を上げてノックダウンしてしまう。
 
父母が顔を見合わせて終わる、
というものだった。
 
当時は息子が幼稚園に通っていた頃だったと思うが
韓国
冗談では片付けられない深刻な問題を抱えているのだなぁと
思わされたものだった。
 
とうとう、その中学校入学
 
中学校が校内暴力が一番ひどいと言われているそうだが・・・・
『お願いだから、加害者にだけはならんといてくれ』
と、さんざん言い聞かせながら・・・
 
入学前の予備試験のとき
同じ教室に他の小学校から来た子供たちもいたそうなのだが
(混ぜこぜにしてやるので)
その学校の子供たちが、ある特定の子に嫌がらせというか
見ていて好ましくない態度をとっていたらしい。
 
息子が卒業した学校の子供たちはそうでなかったようだが
それを聞いていい気持ちがしなかった。
とうとう、そういう世界に入ってしまったのかと。
 
かといって、これまで全くそういうことがなかったかといえば
いろいろあったにはあったのだけれど
そこまで嫌味っぽくなかったようだったし。
 
子供たち、相当のストレスを抱えているからね。
ハグゥオン(塾)だって、いくつも掛け持ちで通っている子供も少なくないし。
 
息子の友達で、母親が数学の先生らしいのだが
数学ハグゥオン、二つも通っているとか・・・・
何で??と思うんですが・・・・
とにかく、不安なんでしょうね、これは親の問題ではないかと思うのだけれど
今のままではね、どうする事もできないでしょうね、
 
ゴレンっっ!!って、制度とか何もかも全てひっくり返ってしまえばいいのだけど
みんな右に倣えするしかありませんから
それが問題なのでしょう。
 
最近は、中学校でも放課後学校の授業が充実してきているようですし
いろいろと改善されつつあるようですが・・・
 
周五日制になって、土曜日は空くんだけれど
もちろん学校を利用する子も多いと思いますが
うちの場合も英語ハグゥオンのスケジュールが入ってますし、
朝9時から、学校で中国語の授業は受けに行く予定ですが
 
うちもあんまり人のこと言えないなあ・・・
 
日本
勉強勉強でそれどころじゃないのかね。
 
何だか可哀想。
 
そんな入学式当日、
うちの学校は講堂がないので廊下で保護者は待ちぼうけ。
 
終わって記念撮影
『撮るな~~!!』
と拒絶され・・・・
 
あるオンマが
『そうなのよ~~、写真撮らせてくれないのよ、
 嫌がって逃げちゃうのよ、〇〇君だけじゃないわよ、みんなそうだから』
と、通り過ぎながら声を掛けていきました。
 
そんな時期なのかなあ。
 
親としては、
快適な学校生活を送れるように、ただ手助けをするのみですね。
頑張ってほしいものです。
 


 
※事情がありまして、前編は全公開にしてありません。
悪しからず。
 
 
 
スポンサーサイト



Comments 12

There are no comments yet.

*さゆりん*

No title

韓国の子供達のストレスは半端じゃないようですから、母としてはいろいろと心配は尽きないものですよね。
うちの息子の中学校は田舎なのでほとんどが小学校からの繰り上がりで違う小学校の子は学年で10人もいないですね。
しかも入学式を見学に来た父兄は6、7人だったような??
息子は塾にも通ってないですしね。それが良いのか悪いのかは別として。
やっぱり心配事は尽きないです^^;;

2012/03/08 (Thu) 13:43

水無瀬より

No title

この頃の親が一番辛いかも。子の成長は嬉しいけれど。

2012/03/08 (Thu) 13:51

バンポマダム

No title

さゆりんさん、

問題だらけですよね~~。
なるべく心配というか気にしないようにはしているのですが。
入学式には父母たちわんさと来てましたよ、
ただ付いて行っただけ、そのまま帰ってきました。

実際の所、田舎出身の子の方が頑張ってていい大学に入ってたりとかね、わかりませんよね。塾もねえ、本当に必要なのか?と思ってしまいますよね。

2012/03/08 (Thu) 16:52

バンポマダム

No title

みなせさん、

経験者は語る、ですね^^
適度にお手伝いしてあげる、ということで。

2012/03/08 (Thu) 16:54

バインフラン

No title

韓国は2月が卒業で、3月に入学なんですね。
そっか~、知らなかった@@
しかも、部活とかないんですか?それはいけませんね~。
(って、私も帰宅部でしたが・・・苦笑)
最近の日本の企業は(まあ、以前もその傾向がありましたが)
体育会系出身の学生を採用する向きが強いようですよ。
理不尽な要求にも耐えられるっていうのが理由らしいですが・・・。

なんにしても、将来幸せな生活を送るため・・・。
それに尽きるんですが、幸せってなんなんですかね。
私なんかは、ダンナが薄給でもそれなりに人生楽しいんですけど^^;

ガンバレ、少年!
ポチ~☆

2012/03/08 (Thu) 17:26

バンポマダム

No title

バインフランさん、

国によって色々違うんですよね。
そう、結局は体力気力がすべてですからね。
この先付いていけるか不安が付きまといますが・・・
唯一、日曜の夕方バスケットに通っていますが(それもお金払ってTT)学校でもっとやってくれればいいのに~~
とはいっても、塾通いに忙しい子供たちはそれどころではないようです。
そうなんですよ、全ては幸せのため、とはいえ
この国韓国はかなり間違ってると思いますけど…

ポチ&応援ありがとうございます☆

2012/03/08 (Thu) 17:39

Maria

No title

そちらの厳しい教育事情がとっても伝わってきました。
教育は大事、でもこれでいいの?っていつも問いかけてるパンポマダムさん その問いかけが大事なんだと思います。
私の方は、こちらの勉強のレベルが心配で、、、何処の国へ行っても通用する学力を身に着けてほしいと、願っています。夫が教育を受けた時代に比べて、今って、劣っているらしいと聞くとますます心配になりますが、できるだけのことをするだけ なんですけどね。。。
お互い子供の教育については 心配の部分は違うんでしょうけど 心配が尽きませんね。

2012/03/08 (Thu) 18:00

バンポマダム

No title

Mariaさん、
伝わってしまいましたか…!!(爆)

これは私一人ではなく、誰もがそう思っているのではないかと思うのですが(特に、私のように外国人の親たちは)、この国にしてみればそれが当然であるからどうしようもないのですよ。
どこかがヘンであると気付いて言えるのは、私たちでしかないかもしれないのですが、
制度そのものを変えるのは簡単ではないでしょう・・・

教育問題、奥が深いですよね・・・

2012/03/08 (Thu) 18:11

まや

No title

初めての中学ってとても心配なんですよね。私も去年そうでしたよ。
お友達はできるだろうか、とか通学や帰路は車に轢かれないだろうかって(笑)それでも今はちゃんとやっているようなので、大丈夫ですよ!!
それに男の子供ってこの時期は写真に撮られるの嫌がりますね!
うちなんか私のデジカメで撮ったやつ、勝手に消去されてしまいましたよ。実家に送ろうと思っていたのに(笑)

2012/03/09 (Fri) 10:51

バンポマダム

No title

まやさん、

そうなんですか~~、万国共通なんですね、年頃の男の子って^^
子供って親の心配をよそに、勝手に育ってくれるものなんですね。
ありがとう~~

2012/03/09 (Fri) 11:01

ブルコ

No title

昨年ESLで同じクラスだった韓国人女性
ご主人は韓国で仕事をしていて
お子さんが中学、高校に通うためお母さんとお子さんだけ米国で暮らしていた
ご主人の会社で働いている事にして就労ビザで滞在しているそうです
でも、毎日ESLに来て、毎週韓国人奥様方とゴルフに行っていました
(私はゴルフはしないです)
夏休みには庭の芝刈りをアルバイトに頼んでずうっと帰国していました
受験戦争から逃れるためでしょうか?(個人的な事かと思って聞かなかったけど)
母国ではお金持ちなんだろうなぁと思いました

2012/03/09 (Fri) 11:02

バンポマダム

No title

プルコさん、

留学させる家庭が多いみたいですよ~~
もちろんお金がなければ難しいとは思うのですが、
無理してでも送ったりとかね、基本的にアメリカが好きみたいなんですが。
受験戦争から逃れる為←それ、当たってると思いますよ、うちのアルバイト先の社長さんの娘も、ほぼそれが原因で留学させたらしいですからね。(母親同士の関係もややこやしいからだとか。)
問題だらけですよ~~

2012/03/09 (Fri) 11:16
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
子供と韓国での教育~小学校編~

[BigGirlNoCry] designed by Akira.

Copyright © 終わって嬉しい嫁暮らし All Rights Reserved.