終わって嬉しい嫁暮らし

Welcome to my blog!

学校暴力に対する講演

2012/07/12
子供と韓国での教育~中学校編~ 15
 
   
 
  今回の内容は、子供の問題というよりは
  子供を育てる親の問題に重点を置いた講演でした。
 
  まあ、だから子供の暴力の問題は
  私流にまとめると
 
  ニナ チャレラ
  (あんたこそよくやんなさいよの意)
 
 
 暴力を振るう子供を攻めるのではなく
 むしろその親が問題であると。
 
 
 私も人のこと言えませんけどね。
 
 ちょっとした言葉が子供の心を傷付けていたり
 私たち大人の行動がストレスを負わせていたり
 
 講師の方のご意見としては
 暴力のすべての原因はであると。
 
 だから私たちは鬱憤晴らしに子供に八つ当たりしたりするのではなく
 週3回は一人で外に出るなりして
 ストレスを解消する工夫をしなさいと
 (近くの小山
とつまみを持って行って過ごすとか)
 
 夫婦間の喧嘩
 夫婦で週1回くらいは出掛けて一緒に過ごすとか
 そんなこと言っておられましたね。
 
 子供がゲームに熱中するのも、
 何か心にもやもやしたものがあるからかもしれない。
 それを禁止すれば今度は外のPCバン
 講師いわく
 「ガンにいい環境^^」(タバコの煙
 でゲームするよりか、家でやるほうがまだましだから
 闇雲に禁止するのするのではなく、
 親自身振り返って反省するべき点があれば反省し
 子供に謝るべき点があれば謝るようにと
 
一般的に中2が一番難しい時期だと言われていますが
 それは、脳の前頭葉の部分が発達する過程の中で
 自分自身もどうしていいのかわからない、
 混乱した時期だからだという
 だからこの時期の子供の部屋はめちゃくちゃ(そうじゃない子もいると思いますが)
 だから片付けを要求しても難しい、それが脳の状態だから
 (うちもかなりひどいですが^^;)
 
 
よく言われることですが
 褒めることを習慣化することが大切で
 一日に20個 褒めることを目標として、毎日チェック
 そうしているうちに、知らぬ間に習慣となるそうです。
 
 特別なことではなく、日々の当たり前のことがすごいんだと
 朝いつもより1分早く起きたとか
 歯がきれいに磨けたとか
 挨拶が元気にできたとか
 
 なんでもいいんです。
 
 
 
 
どんなことも共感できる、親でありたいと思うのです。
 
 
 学校暴力の解決方法は、まず私たちからなんですね。
 楽しい講義をありがとうございました。
 
 関心がおありの方はこちらをご覧ください。
 
   
 
 
 
 
スポンサーサイト



Comments 15

There are no comments yet.

水無瀬より

No title

そうですね、いい話ですね。ポポチ!
やがり親が問題ですね。戦後、その親を育てた爺婆さんの時代に問題があったからでしょう。だから学校が積極的に爺婆から道徳教育を受けていない親を教育する必要がありますね。

2012/07/12 (Thu) 17:32

バインフラン

No title

中学校2年生って、一番難しいんですかあ。
そういえば、ネット用語で「厨二病」っていうのがあるらしいんです。
わたしもよくわかりませんけど「中2」とかけてるらしい。
(アニメで知りました・・・・はは)
でも、親御さんに対して具体的な提案をしてくれるっていうのはありがたいですよね。
小難しいこと、ならべたてられても、実践できなきゃ意味ないですもん。
夫婦円満、親の精神状態の安定、要はそういうことなんでしょうかねえ。

難しい思春期♪
おかあさま、がんばってくだされ。ファイテン!
イイね!ぽち。

2012/07/12 (Thu) 18:36

まや

No title

ああ、ほんと、とってもためになりました!!『子供の脳はこんなに大変』という本を読んだことがありますけど、ほんと、子供も自分でどうしょうもできないくらいホルモンだとかがドバーっとでて、いろいろメチャクチャになるらしいですね(笑)
暴力は鬱からですか。鬱というか、心のわだかまりがうまく解消できずにそうなってしまうのでしょうね。中二の息子が2人もいますんで、褒めて褒めて褒めまくりましょうかぁ~!?(笑)

2012/07/12 (Thu) 18:54

お蔭様でアジュンマ

No title

とても参考になりました。
早速、主人に試してみます。www
今後も子育て講義を楽しみにしています。

2012/07/12 (Thu) 18:58

お蔭様で、アジュンマ

No title

以前、「行列ができる法律事務所」バラエティー番組で、アグネスチャンさんが面白く力説していたので。
爆笑したけど、皆が納得できる!?

ホルモンのせい!?
3人の男の子の母親のアグネス チャンさん。
「子供に反抗期はない。あるのは思春期」
アグネス チャンさんは、子供が9歳くらいになると、こう言い聞かせるそうです。

これからあなたはいろいろなことでイライラしてくると思う。でもそれは...
・お母さんのせいではない!
・お父さんのせいでもない!
・社会のせいでもない!
・神様のせいでもない!
・もちろんあなたのせいでもない!

(( ホルモンのせいだ! ))

2012/07/12 (Thu) 19:07

herokachi

No title

なかなか難しい内容ですが、勉強になりました(^^)
私は相当大人にならないと出来ないな(^^;;

2012/07/12 (Thu) 20:13

T☆M 1★6

No title

子供がいないオイラは無責任な事しか言えないけど
子供は黙ってても放っておいても育つ時代ではないんですね
今の世の中は本当に難しい
誰がこんなに難しい世の中にしてしまったのか???
病んでますよね。。。

2012/07/12 (Thu) 22:22

*さゆりん*

No title

暴力のすべての原因は鬱...確かにそうかも知れせんね。
最近、会社のストレスを子供達に八つ当たりしていた感じがあってとても反省しました。
”この時期の子供の部屋はめちゃくちゃ”にも納得です。
とても参考になりました。素晴らしい情報をありがとうございます!!

2012/07/13 (Fri) 10:09

バンポマダム

No title

みなせさん、

そうですね、仰るとおりですよね。
私の両親は昭和一桁の人で、毎日のように戦時中の食糧難の話や空襲の話などを聞かされて育ちました。
それを通して、物の大切さ=有難さや争いのない平和な世の中にするにはどうしたらよいのか、などいろいろ考えさせられました。

こういう話ができる人がどんどんいなくなってきていますよね。
だから私たちの世代が受け継いで次の世代に伝えていかないといけないのだな、と思います。

2012/07/13 (Fri) 15:45

バンポマダム

No title

バインフランさん、

うちもそろそろ難しい時期突入です。
でもその変化が面白いのですけどね。成長してるんだな~って感じがして。
今回の講義は、講師の方も同じように子供さんを育てていらっしゃるので、挙げてくださる例も具体的でわかり易かったです。
まずは褒めるところから~なんですけど
これ結構難しいーー

応援&ぽちありがとうございます☆

2012/07/13 (Fri) 15:50

バンポマダム

No title

まやさん、

こちらこそありがとうです。そうですか、ホルモンがどば~っと出るんですか(笑)そういえば、自分自身振り返っても
混乱してましたね、たしかに。

そうでしたね、中2お二人!
褒めまくり攻撃よいかもしれませんね、「お母さんどうしたの??」って不思議がられたりして^^

2012/07/13 (Fri) 15:56

バンポマダム

No title

アジュモニさま

どこかでお目にかかったことがあるような・・・?
コメントありがとうございます^^
来週も講義があるそうなので行ってきますね^^
「大学入試のための正しい取り組み方(?)」だったかな、

なるほど、ホルモンのせいにしちゃえばいいんですね~~
勉強になりました^^ありがとうございます。

2012/07/13 (Fri) 16:02

バンポマダム

No title

herokachiさん、

あれ、こちらでお相手を見つける予定では・・・??
親になる日も間近ってことで(勝手に決めるな)
大丈夫ですよ、herokachiさん十分大人ですので^^

2012/07/13 (Fri) 16:05

バンポマダム

No title

TОMさん、

本当に難しい時代です。
「これも自分のせいだ」と思って反省しながら取り組んでいけば
解決していくのでしょうけれど
たいてい人は、人のせいにしてしまいますものね。
本当に病んでますよねTT

2012/07/13 (Fri) 16:12

バンポマダム

No title

さゆりんさん、

この場を通して、皆さんに参考になることがあればお伝えしていきますね。さゆりんさんは特にお仕事でお忙しいので
学校に出向くのも難しいですものね、でもそういうお母さん方本当に頭が下がります。

さゆりんさんとこのお部屋はいかがですか?
うちはねぇ、もう片付けても片付けても次の瞬間からすぐめちゃめちゃになるので、最近は放棄してます。言ってもだめよね。
これ聞いて私も妙に納得してしまいました^^

2012/07/13 (Fri) 16:18
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
子供と韓国での教育~中学校編~