海を渡った私、韓国に生きる

Welcome to my blog!

交通事情。。。(なんか思い出話^^)

2013/11/01
シオモ二との思い出 8
 
 
以外に交通事情の話が好評なようですので
 調子に乗って続編でございます。
 
 
 といいますか、自分の思い出ばなしだな、これは。
 
 
以前の記事で何度か出てきていますので
 なんやこれ、つまらんやん。
 というお方はお読みにならなくてもよろしいでございますのよ。
 
 


 
 
 こちらでは約10年間ドライバー
 (べつに好きでやってたんじゃないよ、子供が小さかったこともあるけど
  足の悪い義母
 
 義理のお母さんと特に同居されてる方々なんかは
 よくお分かりでしょうが
 嫁は義母のいうことを絶対的に聞かなければならない!
 という、鉄則がありますのでね、
 

 と仰られれば、
 『え゛~~~~!!私そんなフクザツなところなんかいけません~~!!』
 なんてことはいえません。
 
 死ぬ覚悟で行くことになります(爆)
 
 特にソウル市街地なんかは
 一方通行とかも多く
 交通量も多い。
 
 時々住人の方々に車に乗っけてもらって市内走ったりしてましたけど
 いちいち道覚えてるわけがない。
 
 
 なんて仰られますが
 ハンドル握るんは私だし
 
 実際に行ってみると
 義母はやはり うろ覚え で
 通れるはずの道は一方通行だったりして通れない。
 
 『え~~!!どうしたらいいんですかぁ?!
 と叫んだ所で誰も助けてはくれない。
 
 いつだったかは
 その道逆行して(爆)走ったことあったわ、
 『ギャぁ~~~~!!ここ一方通行なんですけどぉ~~
  どうしましょ、対向車来たらぶつかる!!ギョェ~~!!』
 
 そこは路地の道ではなく、かなりの大通りでして^^;;
 本当に命からがらとはこういうことをいうもんなんだなと
 その時実感したものよ。
 
 運良く、ちょうど信号の為に車全部ストップしてましたんで^^;
 
 またあるときなんかは
 水産市場
 途中で大きな道から抜け出るところが分からなくて
 そのまま直進してしまいーー;
 金浦空港
 
 またあるときは
 漢河を渡るある橋が工事中で
 目的地に行くのに一番便利なその橋が使えないとなると
 どうしたらいいかわからず
 そのまま直進して、またしても抜け出るところがわからず
 果ての果てまで行ってしまったり(ドライブやな)

 
 ヘンなこと何度かやりましたよ、
 その度に人に聞きまくってもう大変だったわ。
 
 とにかく、ある程度の下準備は必要だってことですね。
 
 不思議なことに
 無事うち
 
 しかしそのお陰で
 ソウル市内はだいたいどこでもと一山の方も行かれます。
 しばらく運転してないからもう怖くなってしまいましたけど。
 
 
 本当に義母にはずいぶん鍛えられましたわ。
 ありがたい話です。
 今こうして生きているのが本当に不思議でなりません。
 
 教訓
 『何事も、死ぬ気でやれば出来ないことはない!!』
 
 
 
 あなたもぜひチャレンジ!!
 
 
今度は続々編として
歩行者の立場から書いてみよかな。
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



Comments 8

There are no comments yet.

maya

No title

韓国の人達って運転が荒いじゃないですか~
女性が運転するとけなされるって聞いたこともあります。交通量多いし。
そんなソウルの街を運転出来るパンポマダムさん、凄いの一言!

2013/11/01 (Fri) 19:38

さち

No title

バンポマダムさんはシオモニの事決して悪く言いませんね(面白くはお話になりますけどhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s351.gif">)。
本当にいい関係だったんでしょうね~。
珍しいですよ、韓国でも日本でも義理のお母さんの事をそんな風に思えるのは。
「仲良きことは美しきかな」って言葉がありますが、これは夫婦だけでなく、家族にも言えますね。
とても美しいと思います。

2013/11/01 (Fri) 19:46

バンポマダム

No title

ロッキーさん^^

確かに運転荒いですよね、
特にタクシーやバス。
最近は女性ドライバーたくさんいますし、
オバサン怒らせると怖いの知ってるので
私が運転していた限りではそういうことはなかったように思います^^;てか、私はわが道を行くタイプでしたんで、けなされてること自体分からなかったのかもしれません。ぶっhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s318.gif">

人間死ぬ気になりゃ~なんでも出来るってことで^^
お褒めの言葉ありがとうございます~~♪

2013/11/01 (Fri) 23:08

バンポマダム

No title

さちさん、

もぉ~~~
またまたいいこと仰ってくださるんだからぁ~~~
照れてしまうじゃないですか~~

ここは一応公共の場ですからね
内緒の話はあのねのね~♪でいつかゆっくり^^

確かに義母は厳しかったですが、ここk国でのんびりもっそりの日本から来た嫁が生き延びていく為にはどうしなければならないか、良くご存知であられたのだと思います。
今になって、義母からいただいたものがとても偉大だったんだなぁと思えるようになって来ました。

第一、10年間義母に仕えた、という話をするだけで
みんな『おお~~っ!!』っていう目で見ます。
それくらいk国でも最近特別なことになっているのかな、と思いますね。

コメントありがとうございます^^

2013/11/01 (Fri) 23:19

T☆M 1★6

No title

女性は方向音痴の人多いからねぇ~
うちの奥さんもそうでぜんぜんナビゲーターとして
役立たず...

にしても逆走するとは...
バンボさん!やるねぇ~~☆

2013/11/02 (Sat) 01:20

tamba

No title

お早うございます。10年間のご苦労の甲斐がありましたね。韓国の人でも初めてソウルで暮らすようになると、地理を覚えるだけでも大変そうですね。韓国はかなり北国で雪も多いと思いますが、冬の交通事情・対策なんかもよかったら教えてくださいネ。

2013/11/02 (Sat) 05:45

バンポマダム

No title

トムさん、

たしかに。
地理感覚、車両感覚などなど
女性にとっては弱い部分ですね。
奥さんいじめないで下さいよっ

うーん。
その時はそうするほかなかったんです^^;;
信号待ちで止まっててくれたのと
警察がいなかったのがラッキーでした☆
見られてたら罰金間違いなしだったもんね。

あ、義母が横にいたから
『この子は日本人なもんでー^^』と
わけの分からない言い訳で免れたかもしれませんけど^^;(以前それで免れたことホントーにありました)

2013/11/02 (Sat) 14:14

バンポマダム

No title

tambaさんのお陰で記事ネタが尽きません(笑)

そうなんですよね~~
義母が自慢げに知り合いの方に
『嫁とどこどこ行って来たのよ~~♪』
なんて仰ると
『よくもまあ、あんなフクザツなところに行かれましたねぇ』
なんて驚かれたりしてましたもん^^;
行く度に生きて帰って来れるのが奇跡でしたわよ

冬ですか~?
これもまた奥が深いです(爆)
後日記事にさせていただきますね^^

2013/11/02 (Sat) 14:18
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
シオモ二との思い出

[BigGirlNoCry] designed by Akira.

Copyright © 海を渡った私、韓国に生きる All Rights Reserved.