終わって嬉しい嫁暮らし

Welcome to my blog!

おかしな人間作りが得意な親たち

2014/04/01
☆子供と韓国での教育 0
 
 


 
桜が満開ですね~~!!
 


 
 
毎日お片づけに追われておりまして
 お伺いも出来てません。
 めげずにおいで下さる方々、本当にありがとうございます。
 
 
 今日は早くお仕事が終わりました。
 
 お昼ごはん前に終わってしまったので
 アルバの4人でお昼ご飯食べてこってことになりまして
 サmギョpサル
 
 高校生&中学生(うちの10代と同じ学年)のお母さんから入手した情報。
 (いつものってか既に知ってる話ではあるけど)
 
 ある日、『高校生の母モイム(通称ダベリ会)』に参加した時のこと。
 
 他のお母さんたちはほぼ正装、
 その方は仕事帰りだったので
 ジーンズにパーカー姿^^;;
 
 話の内容は。。。
 
 テチドン(カンナm圏でむちゃくちゃ教育熱心(だと言われる)な地域)
 の話から始まり、
 
 良いハグウォン(塾)
 良い先生とは
 
 などなど。
 
 更に。
 
 最近はスマートフォン持つ持たないと
 いろいろ言われていますが
 高校生なのに、
 フォルダーフォン
 まるで小学生並みの管理を親がしているとのこと(
 
 まあ、この件に関しては是非がありますんで
 どうこうは言えませんが
 
 そこまでして親の言うことを聞かせるって言う点。
 
 同じアルバの若い子も言ってましたよ、
 『きっと陰で悪いことやるんだよ、そういう子たちは。』
 って。
 
 親がさぁ、いくら一生懸命頑張っても
 いくらいいハグウォンに通わせても
 いくら良い先生に出会っても
 
 結局は本人次第だってこと。
 その親たちはそれをすっかり忘れていらっしゃるみたい。
 
 なのにそこまでするって??
 
 だから自立できないヘンな人間になるんちがいます?
 
 人のこと言えないといえば言えないけども。。。
 
 だけど大変だねぇ、そういう親の子として生まれてしまった子たちって。
気をつけないといけないですね。
 
 
ひとり言でございました。
 
 


 
 
 
 
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
☆子供と韓国での教育