海を渡った私、韓国に生きる

Welcome to my blog!

なぜ謝れないのだろうか。。。

2014/06/23
頭に来た事、ぎょっとしたこと 0
 
 
関心のある方が結構いらっしゃるようですので
 これもまた個人的見解^^
 
あ、今回は生々しい愚痴にも似た内容ですので
こんなんいらんわーと言う方はパス(爆)
 


 
 k国人の謎について。
 


 
 本当に理解できない方々だと思います。
 まぁ、人間みな同じなんではないかと思いますが
 知れば知るほど理解できなくなるというのも不思議ですな。
 
 最近は特に理解しようとも思わなくなりましたが。
 
 そんなある日のひとコマ。
 
 本日は(昨日)は休日でした。
 
 少し遅めのご飯の支度をしていたわたくし
 いつものように蒸し器でもってご飯を温めました。
 (うちでは電子レンジは使いません、置いてません。)
 
 k国では炊いたご飯は、普通蓋付きの茶碗に入れるので
 そのままの状態でご飯を温めることができます。
 
 で、ご飯を蒸し器で温めますと、
 中身を取り除いたあとにご飯粒がお茶碗にくっ付いているんであります。
 
 私は毎朝おにぎりを作り、そのあとお茶碗にお湯を注いで
 米粒と一緒に食べるのが好きなんですの♪
しゃりしゃりってするのよ。
 
 今朝もそうするつもりでいたんですが、
 ちょっとした隙にデカネエ
 
  飲めない水(→ものすごく重要な話)を
注いでいたんですのよ、ご主人!!
 
まあ、多分私がそうするとは考えもしなかったとは思いますわよ。
それにお茶碗にくっ付いたご飯粒は早めにお水を注がないと
洗う時に
取りにくくなるから、それを思ってなのでしょうけども。
 
で、私言いましたの。
 

 私が食べよう思ってたのに、なんで飲めない水注いだんですか??』
 
その後言ったことは。。。
 
とにかくなんやらかんやら理屈付けてました。
いつものことですけどね。
 
で、わたくし更にこういいましたの。
 

ひと言、どうしてごめんなさいと言う言葉が言えないんですか?!』
 
いいんです、別に私に手を付いて謝れとか、
そういうんではなくて
冗談ぽく
『ソーリー^^』
って感じでもかまわないんです。
 
ムダでしたね(爆)
 
 
まあ、今日に始まったことではありませんし。
 
毎度毎度のことですから。
 
ご自分は偉い人間だ!!
と思っていらっしゃいますからね。
 
 
それでもこれだけのことを言い返すことが昔はできませんでしたもの。
進歩したってことかな(てへ)
 
 
というわけで、いつものように言い訳ダラダラ
自分のことはそっちのけ、
いつものように
義母が生きているうちになんでもっとよくしなかったのかとか
なんだのかんだのごちゃごちゃうるさいので
 
それはそれでほかっときながら(わざの一つよ。)
私は私の言いたいことをどわーと言い続ける。
(k国語&日本語ごちゃ混ぜでね。これいいのよ、意外と♪)
 
『最近日本人観光客が減りましたけど、どういう理由でしょうか?』
とか
『もう韓流ブームなんてとっくに過ぎ去ってるわよ』
とか
『飛行機に乗った時、客室乗務員の態度が悪かったっていう
苦情直接聞いてるけど』
とか
 
『そういう風にいつもなんでも他人のことばっかし言って
自分のこと省みないから発展がないのよ』
 
とか
 
 
『外見(そとみ)ばっかしきにしてとりあえずは
先進国の仲間入りみたいになったけど
中身はぜーんぜん伴ってませんよね』
 
などなど、
k国人代表として聞いていただきました(爆)
 
聞いてたかどうかはわかりませんけどー
いや、聞いてないふりして結構来てたかもね。
 
いいんですの。
これくらいのことじゃびくともしませんから。
 
あ、よい子は真似しないで下さいよ、くれぐれも。
相手をよく見てからになさってくださいね。
 
 
というわけでして、
理解しよう、してもらおうとは思わない方がいいでしょう。
宇宙人とでも思っておいた方が身のためです。
でないと生きて行けませんわよ。
 
ただ、こうやって大声
有難いわ~~~
 
 
以上とある休日の典型的嫁暮らし家庭の生活の一部でござーました。
(ふつうはそうじゃないって??)
 
 


 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
頭に来た事、ぎょっとしたこと