海を渡った私、韓国に生きる

Welcome to my blog!

責任転嫁もお得意♪

2014/06/28
☆韓国での生活 0
 
 
  なんていうとニナチャレラと言われそうですが。
 
  なんででしょうかね、
  『いかる』
  っていうのは、あくまで自分がそうなんではないでしょうか。
 
 いくら相手が私を怒らせたとしても、
 自分が怒らなければいいわけで。
 
 こちらでは何でもかんでも相手のせいなんです。
 
 怒ってるのは自分自身なのに
 相手が悪い。
 ほかっとけばいいのにと、いつも思うのだけれども。
 
 こんなこともよく言われましたね、
 『家の中でのいざこざの原因は嫁のせいだ』
 
 。。。って。
 あたくしただ日本から来ただけで
 なんにもわかんないんですけどぉ??
 わかんないことただ習っているだけなんですけど??
 
 ほんとうにわけがわかりません。
 
 k国人自体がこのような性質をもっておられるので
 (何度も言ってますがすべての人がそうではありませんけど)
 今はやりの(何が流行りだって?)慰安婦問題もそこにつながるのかなー
 と思ったりします。
 
 ↑既に気が付いてる人も多いですが。
 
 以前も記事にしたことがありましたが、
 同じ職場に働きに来ていた方が話していたこと。
 
 その方は6人兄弟の末っ子、その母親はお年が80過ぎだそうですが
 かなり若くしてご結婚されたそうです。
 
 そこのお母さん、ある年になった頃から
 『早く嫁に行かないと日本の軍人に連れられていっちゃうよ』
 なんてことを聞かされていたそうです。
 
 金持ちの家庭であればいいのだけれど
 貧しい家庭の娘であれば、家を助ける為に
 自ら出稼ぎに行ったかもしれないし、
 親が娘を売ったのかもしれない。
 
 強制連行とか何とか言ってますが
 そうではなかったのではないかな、と
 その話を聞きながら思いました。
 
 その当時としてはそうするより他はなかった。
 カネ
 
 結局は自分たちが生きる為に自ら選択したことなのに
 なんだか日本の軍人たちが無理やり引っ張って行った、
 みたいなことにすり替えられてる。
 
 その当時の証拠新聞などを記事にしているブログも拝見したことがありますが
 あえてここでは紹介しません。
 
 とにかく、相手にしないのが一番だとは思いますが
 そうなると今度は
 『なんで無視するんだ~~!!』
 って怒るかな?
 
 いずれにしろ厄介極まります。
 
 
 嫁に来て苦労していらっしゃる皆さん!!
 頑張りましょうね~~
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
☆韓国での生活