終わって嬉しい嫁暮らし

Welcome to my blog!

誰かがやってくれるだろう。

2014/08/10
頭に来た事、ぎょっとしたこと 0
 
 
 最近ゴミの話をいろいろ書いていて
 思い出してしまったことがありまして。
 
 じつはわたくし、ある女性専用のフロ屋
 クビになったということを昔書いたんですが
 覚えていらっしゃる方もおられると思います。
 
 何の教育もなしにいきなり本番でお仕事して
 機械
 わけのわからない客を相手にしながら(これはk国人に多い)
 日本人のお客さんはいいけど、苦手な英語での電話対応に苦労し、
 物忘れが激しいんかそれともわざとかは知らんが
 その人が自分でやったアカスリ代まで負担させられ
 
 とにかく最悪だった、クビにしてくれて本当によかった
 と言う内容でしたが。
 
 あ、そうそう。
 
 それでね、これも前書いたけど
 外国人料金が別であってね、言葉がよくわからないと
 すっかりこちらのペースに乗せられてしまったり
 (k国の従業員は必要以外の日本語は話せないから、
  詳しいこと説明しない、出来ない。)
 
 で、私が日本語ばっちりだから(当たり前やけど)
 いろいろ聞かれれば説明してしまうもんだから
 とは言え、会社側の立場もありますから適当にしときましたけど
 商売に支障が出てたのかもわかりませんね
 (これは辞めたあとに思ったんですけど)
 
 だから辞めさせたんかな?とも思ったりとか。
 
 という前置きはこれくらいにして。
 
 カウンターでは、お客さんがあまりいない時間帯に
 『仮眠室』
 を片付ける役割もしなくてはなりません。
 
 そこでいつも片付けながら思ったことがありあます。
 (これも前書いたかね)
 
 ここのフロは女性専用です。はっきり言って。
 
 しかし。
 
 その仮眠室、使用後がものすげーキタナイ!!
 
 いやね、普通そういうところ使ったら
 掃除まではしないにしても、最低限毛布をたたんでおくとか、
 枕も最初あった位置に戻しておくとか
 自分で飲んだ飲み物の入れ物なんかは
 自分で返却または捨てる、
 
 それが常識ではないでしょうか。
 
 もう、来てたパジャマ(有料、貸し出し)は脱ぎ捨てぐちゃぐちゃにしてほってある、
 毛布ぐちゃぐちゃ
 枕ほかってある
 飲みかけのシッケ(と言う飲み物があるのよ)の入れ物、中身そのまま置きっ放し
 
 オトコじゃなくて一応、おなごが使った後です。
 いや、オトコのほうがかえってきれいにしとくかも??
 
 それがいつもいつもなんですよ。
 
 もうあきれて物が言えませんでしたわ。
 
 可哀想にね、そんな風にしかうちで教わってもらっていないんだなーと。
 てか、散らかすひとがいて片付ける人が他にいるって。
 要するに自分のしたことに責任が持てないということにつながるわけで。
 
 まあ、ねえ。
 すべての人がそうだとは言いませんけど、
 最近記事にしているゴミの件もそうだけど、そういう人多すぎ。
 
 それでも最近は随分良くなったとオネエサマは言われます。
 てことは、以前はどんなやったんや???
 
 もうあと20年くらいしたらもう少しマシになるのでしょうか。。。。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
頭に来た事、ぎょっとしたこと