終わって嬉しい嫁暮らし

Welcome to my blog!

多幸

2015/06/20
韓国語のこと日本語のこと 0



急にタイトルが短くなりました。(凝りだすと続く)


 何年暮らしてもそう好きではないこの国ですけど(ぶっ)
 気に入っている言葉あります。

 タヘン、ハングルでは다행,漢字にすると多幸と書きますが
 この『タヘンギヤ~(다행이야~)』という言葉、よく使います。
 もちろんk国人もですけど。

 日本語では「よかった~」
 ということになるわけですが

 この言葉を最初(ではないかもしれないけど)に聞いて
 とても記憶に残っていることがあるのですが

 うちの10代が小学校低学年の頃、
 く○んの数学の先生と話をしていた時のこと。

 『先生のこと、うちの息子が気に入っているようですよ。』
 と言った時にその先生が

 『タヘンギエヨ』

 と答えられたのです。

 それを聞いて、
 『ああ、この言葉はこういう時に使えるんだな~と思いました。

 なんというか、自分を飾らないといいますか
 自分ではどうしようもない運命っていうのか
 自然の計らいに感謝するときに使える言葉なんだな、と。

 この言葉にはただ単に『よかった』という意味だけじゃなく
 もっと深いところにあるみたいな、そんな感じを受けました。

 それで、今勤めている仕事先でもわたくしよくその言葉を使います。

 人数が多い関係上、誰が失敗したのかわからないものだとかで
 言ってみれば間違い探し的な部分もあるわけなんです。
 (なんかよく分かりにくくてすみません。)

 で、その間違い探しっていうのか
 私が見つけたりしたのを社員の子に伝えてあげると

 『オー、これ探しとったんや~~
 とほっとするわけです。

 そこでこの
 『タへンギヤ~~』
 という言葉が出てくるということなんです。

 『私が見つけてやったぜい!!』
 というんではなく、自然な流れでそうなったというような。

 
いろいろな言葉がありますが、
少しでも幸せを感じられる言葉を
たくさん使っていけたらな、と思います。












 

 

 
 

 

スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
韓国語のこと日本語のこと