終わって嬉しい嫁暮らし

Welcome to my blog!

言葉の中に見る につかん の違い

2015/12/13
日本の文化、韓国の文化 0

   ブロ友さんの記事を拝見していたら
   ちょっと気付いたことがありましたので忘れないうちに。

  ひろぽんさんの記事、参考にさせて頂きました。

   藩州弁の紹介をされていたのですが

   腹立つ、が ごうわく  とありました。


  日本語ではもしくは頭にきた!  ともいいますよね。


 腹たつにしろ頭に来るにしろ、ごうわくにしろ
 自分の内から湧き出る思い、と言いますか
 いくら悪いことであったとしても
自分自身の中で解決しようとするのが日本人なのかなと。

反面カンコク語ではどうなるかといいますと
ヨルパダ~~!!

熱を受けるってことになりますが
相手から受ける、ってことですよね。

つまり相手のせい、相手が悪い、相手が原因ということになります。

日本語だとハラワタが煮えくり返ったとしても
自分自身にも問題があるのではないか、と
自身を見つめると言いましょうか

そんな違いがあるのではないかとふと思いました。

根本的なものが全く異なるということ。

ちょっとした言葉の端々にも
違いを発見するばーさんでありました。



(青春はこれからだ!!)




 

  
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
日本の文化、韓国の文化