アイキャッチ画像

 
   この国の方々は ウリ (私たち、我々) という言葉がとても好きなようです。

  私たちはどうですかね、
  例えば自分のこども、息子に対して
  『私の息子』
  とは言っても、
  『私たちの息子』
  とはあまり言わないかなーと思います。

  私たちっていうとなんかむずかゆくなる気がするわ。

  こちらでは
 『ウリ  アドウル』(私らの息子)
  って普通に言ってますけど私は未だに慣れんなあ。


 なんでそんなこと急に思ったかというと
  先日地下鉄に乗ったときにアナウンスで

 というのを聞いて
 あー、そういえばここはKコクなんだーと

 わ、私たち、って。

 まあたしかに、私たちであるには違いないですけども^^;

 日本語的感覚だと、この列車、ですよね?

 それだけ団結力が強いってことなんでしょうか。
 同じ列車に乗ったら最後、あなたも私もお友達♪なんですかねー。



 それとも、家族??  




 
スポンサーサイト



バンポマダム
バンポマダム

カンコクに住み始めて24年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
かんちゃん病の夫は仕事に出ていますが無理はできません。
私は新たに資格を取り 頑張っています!
応援してくださいね~~

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック