海を渡った私、韓国に生きる

Welcome to my blog!

身近な拉致未遂事件

2016/03/24
☆いろいろと考えさせられる事 0

    出来れば全ての在韓日本人の方にお伝えしたい内容なのですが
    このブログではそういう関係は公にしない事にしていますので
    限定にします。
     (別ブログにて公開しようかなと思っています)

  



 今朝すぐお隣で仕事をしているおねいさんから聞いた話です。

   娘さん(25,6歳だと思います)が言います。
   『今日、拉致されそうになったの!!』

   どういうことかといいますと

 家に帰る途中、道端に一台の車が止まっています。
 その方はトンデムン(東大門)付近にお住まいなので
  そんなに人通りが少ない所でもないのですが

 その車の横にはきちんとした身なりの男性が立っています。

 通りすがりの娘さんを呼び止めて、

 『○○派出所に行きたいんですが、ここからどうやって行けば良いですか?』
   と聞きます。

 娘さんが、こうこう、こう行けば良いですよ、と教えるとその男、

  『そうですか、そうじゃなくって、車に乗って案内して欲しいんですけどね』
   と言います。

 ふと娘さんがその車のナビゲーションに目をやると
  その男が言う目的地が表示されているようです。

 なのに何故、車に乗せて案内させる必要があるのか?

娘さん不審に思い、時間が無いからとすぐその場を立ち去ったそうですが
心臓がバクバクしていたそうです。

 ほんの一瞬の判断によって一生を決めてしまうことになるかもしれないという
 恐ろしい話。

 ひとがいい人だったら、本当に一緒に付いていってしまうかも知れませんよね。

 まあ、普通の常識のある人であればまずそんな事はないとは思いますが、
 身なりがキチンとしていて、乗っている車もそれなりだったりすれば
 安心してしまい、親切心から手助けしてあげよう、なんていう考えが
 浮かんで来るかもしれませんしね。

 まあ、我々はいいですよ、ええおばはん(いや、ばーさんかね)やから。

 うちの10代はオトコですが、それでもそういう事には気を付けろと
 帰るなり言おうと思っています。

 あ、そう言えばK国大好きー♪といって一人で来られて
 K地方で行方不明になり、未だに帰国しておられないご婦人、
 いらっしゃいましたよね。。。
 娘達が捜索願い出して探してもらってらしいですが
 手掛かりないそうですね。。。

 そりゃ、現地語もろくにしゃべれないし
 一人でフラフラしていたんじゃあ。。。。
 お気の毒ですよね。。。

 とまあ、そういう国なんですという話。

 十分にわたすはばーさんですが
 気をつけないといけないなーと思いました。

 だって、この美貌ですもの
 おほほほほほ


 しーん



 
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
☆いろいろと考えさせられる事