終わって嬉しい嫁暮らし

Welcome to my blog!

気になる親子

2016/06/21
ひとりごと 0

  朝出勤途中に時々見かける母娘。

  娘は多分小学低学年、母親は30代前~中くらいに見える。


  そこから歩いて通える学校もあるはずだが、
  スクールバスが来るのを待っているのをみると
   私立の学校なんじゃないかと思いつつ。

 ま、そんなことは重要ではないが

 通り過ぎる30秒ほどで感ずること。

 先回みたときは母親が,ちょっと離れた所にいた娘に向かって
 『なにやってるの!! バスもうすぐ来るでしょ!!』

 と、怒鳴っていた。

 (時間あるしヒマだからちょっと遊んでたんだもーん)→その子の心の声の代弁


   2回目みたときはやはりその子は母親から少し離れた所にいて
   鼻歌らしきものを歌っていた^^;

  母親はスマホでぴっぴらやっていた。

  
  なんかですねー、寂しいですね、こういう光景。
  寂しいと思いませんか?

 まあ、ねえ、決して自分がすごいとか正しいとかではないのですが
  学校へは最低限 楽しく送り出してやりたくありませんか?

小学低学年くらいならまだ可愛い方だから
 お母さんがいろいろお話してあげてたらよく聞いてくれるはずですよ
 バス待ちの時間なんてあっという間

 色々あるじゃないですか、
 自分の失敗談とか、そりゃもう
 喜んでゲラゲラ笑ってくれるわよ。

 学校帰りに猫
拾ってきて、家の中でゴロゴロって遊んでたら
 仕事から帰った母親が凄い剣幕でネコつまんでほっぽり出したとか

 始業5分前の音楽が鳴っている音で目覚めて(爆)
 ギリギリセーフで教室に飛び込んだとか→でもいっかいだけだよ^^;;
 (中学は目の前だった)

  なけなしのお小遣いで当時流行りの可愛いビニール傘を買い(高校時代)、
  ワクワクしながら 自転車の前ハンドルにかけて漕いでたら
 ぐわらぐわらががーっと
  前輪に傘が引っかかって、新品の傘がボロボロになり
  泣くに泣けなかったこととか


 ほんの一例ですが


 そんなあほなことするやっちゃは
  あんたしかおらへんやろが!!

 まあまあ。
  そういうご経験がない方でしたら、それくらいの年の子供たち
  だーいすきな言葉遊び、しりとりだとかなぞなぞだとか
  沢山ありますよね。

 今晩何食べたいとか、何でもいいと思うんですけど。

 あまりにも寂しすぎるその母親。。。

 きっとご自分もその後お勤めがあったりして
 心に余裕がないのかも知れませんが
 ぴっぴらはいつでも出来るのと違いますでしょうか。
 そんなに折派詰まった調べものがあるのでしょうか?

 一言言ってやりたい、と思いつつも
 まあ他人のことだし、と
 見て見ぬ振りをして通り過ぎるのでした。。。



 




スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
ひとりごと