海を渡った私、韓国に生きる

Welcome to my blog!

ジョイ子の悲劇

2017/01/21
☆トイプードルジョイ子とチョコの事 0

   寒い日々、いかがお過ごしでしょうか。

   きのうはこちらでも ソウルにおいては何年ぶりかの
   ちょっとまとまった雪が降りました。


   たしか7年ほど前   雪かきしたことありましたもんね。
   ほんとうに久ぶりです。


   年明けいろいろあってぶっ倒れていたという話をしましたが
   自身も風邪で大変でしたが、
   うちのジョイ子がもっと大変だったのです。

   脱腸があったのですが なかなか手術に踏み切れずにいたのを
    ようやく年明けてやったのでした。

 手術しながら 腫瘍らしき物が見つかったとかで
 そのために手術が長引き、大変な事になってしまいました><

手術後 オネエサマ(実は犬ギライ^^;)と一緒に ジョイ子に会いに行きました。

麻酔からまだ覚め切れていないこともあり、
ぐったりしてましたТТ

昔絵本で見た、赤ずきんちゃんや狼と7匹のこやぎに出てくる、
最後にとっちめられてのびている、目がばってんになっているオオカミを想像してみてください。(説明がややこしい)

その晩はジョイ子は入院ТТ

このままジョイ子の目が覚めなかったらどうしよう、
痛いのに痛いとも言えず ほったらかしにされたジョイ子は
どんな思いをしているのだろう、
もっといい飼い主に巡り会えていたら もっと幸せだったんじゃないかとか
思ったら泣けてきてしょうがなかった。

その晩はよく眠れませんでした。

次の日も仕事先で ジョイ子のよくない知らせが届いたらどうしようとか
もう気が気ではありませんでした。

そしてその日の夜、退院してもいいという知らせを受け、
にーちゃんと共に ジョイ子に会いに行きました。

すると、前日とはうって変わって
飼い主がちゃんとわかる状態にまで快復していました。

びっくり仰天。

あんなに大手術をしたのに もうこんなに生き生きしているなんて。

すごいなーと思いました。
ニンゲンとは違うそうですね、丈夫なんだそうです。


連れて帰ると何を勘違いしたのか
自らお風呂場へ直行!!  ^^;
お散歩して帰ると足を洗うため、いつもそこに行くのででしょうね、多分。

自分は大手術したという自覚はなく
ながーいお散歩に行って帰ってきたという感覚だったのか ^^;

その後、すごい勢いで自分専用のお手洗いに行って
用を足してました。
かなりガマンしていたようでした。なんとまあ。。むごたらしい。。



丸一日苦労したジョイ子さん、
久しぶりに我が家に戻れて嬉しそうです。



にーちゃんと 退院の喜びを交わし合うジョイ子


















昨日 抜糸してきましたが、エリマキはまだ取れません。

そして 腫瘍の検査結果ですが
悪性のものではなく、脱腸が原因で食べた物がうまく流れて行かなかった際に
血流が悪くなって 悪い物が溜まってしまっていたのだそうです。

とりあえず安心しました。

今年で8歳ですか?
いつの間にか私よりばーさんになっとるわい 
というか既にまごは産まれておるんで 。

長生きしようねと、さっきもお話していたところです。







スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
☆トイプードルジョイ子とチョコの事