海を渡った私、韓国に生きる

Welcome to my blog!

続 決まりました!!

2018/01/03
☆嫁暮らし&家族ヒストリー 0

   
       昨日の続編です。


       別にどうでもいい個人的な話ですので
       興味ない方はパスなさって下さい。


      ☆☆☆☆☆☆


    私ら三人が出て行ったあと
     残りの方々はどうなるの??

   というご質問がございました。


  それなんですけどね。


   今 オネエサマは 家を建てようとしている最中です。
   設計まではしてあるのですが
   なかなか許可がおりないのです。

   
   計画としては 六月頃、今住んでいる家をチョンセに出して
   オネエサマはご自分で建てた家に移る予定です。


  ※ 解説
   こちらでは
   ウォルセ
    チョンセ
    メメ
   の主に三通りがありまして、(パンチョンセとか色々あるみたいです)

   ウォルセ→月々家賃を払う
   チョンセ→ 契約は原則として二年間、一定の金額を家の主人に支払う。
                        二年後、引越しする際に契約金が戻ってくる仕組み。
   メメ → 売買、文字通り売り買いする方法。


   デカいのは別で アラッソサセヨ  
   です。(勝手に住んで下さいの意) 



  にいさんが 1~2年後に軍隊に行くことになった場合、
  もちろん夫婦二人でいてもいいですが
  オネエサマの家の隣に 別荘として小さいのを建てて、私たちが移り住んでもいいという話もあります。

 たしかに、夫の病気のことを考えると
  安心感はあります。

 その間、アパートの方はチョンセに出すなりすれば
  お小遣いくらいは入ってくるという話。


  地名を言ってもご存知ないかも知れませんが
  カンウォン道のウォンジュというところです。

 土地開発がどんどん進んでいて
  これから人気が出てくる地でもあります。

 ソウルからだと1時間半くらい、
 何より家代が安い。


 今回も、本当はチョンセで入る予定だったのですが
 売買の金額がそれほど差がないということがわかりまして
  ちょっとプラスして買えるのならば
  自分の家として持っていた方が暮らし易いですし
  何しろ二年後の引越しを考えなくてよいこと。

 二年なんてあっという間ですよね。

 私らも今のところにきて早や四年。


 色々総合的に考えてそうなりました。


 この家の広さでこの価格、ソウルでもし買えば
 (位置や築年数などによって差はありますが) 3~4倍か、それ以上するでしょうね。。
 
  

 それにしても、広いところだと デカイのが住まわしてくれと言い出すだろう、という話、よくあるみたいで
 仕事先でも言ってました、

 シオモニがた易く入って来られないように
  わざと狭い所に住んでる、っていう話があると。



 苦労が耐えませんねぇ。



  そんなところです。



 






 
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
☆嫁暮らし&家族ヒストリー