終わって嬉しい嫁暮らし

Welcome to my blog!

ピロリとわたし

2018/08/07
☆健康、美容 0

 
 そういうわけでございまして
 
 お気遣いありがとうございます、嬉しいです。

 いちオバハンの健康と家族のことを気に掛けて下さる皆様の暖かいお気持ちに
 感動の涙を流しております(→ 冗談よ)



 改めてちょっと調べてみました。

 日本では2013年から、検査でピロリ(→もはや呼び捨て)が見つかって
  胃炎などを伴っている場合は 保険が効くようになった、
  とありました。


  そう言えば、わたし、かるーいですけど胃炎があるって言って
  お薬もらってきたじゃありませんか!!

 そのことすっかり忘れていた、というより
  病気のうちに入らないと思っていたので気にも留めずにいました。


 こちらではどうか分かりませんが
  ソウルの病院では薬を出す気満々だったので、
  もしかしたら病気の治療として扱ってもらえるのではないかと考えました。

 
 なのでちょっと検討してみます。


 もし保険効かないならあきらめます、
 だってうちのおとうの薬代上回るんですもの。

 日本で治療する。。と言っても
 それはまず無理なんじゃないかと思います。
  第一そのカネ、どこから出すんだと言うことになります。

 そのためにしばらくわたす、死にものぐるいで働かないといけなくなります。
 おとうは休職中ですし、親族にお願いすると言っても限界があるでしょうし。

 
 一旦外に出てしまうと思うようにいかないことは本当に多いです。
 とは言え、自分で選んだことなのでなんも言えませんけど。


  ガンなどのリスクが高くなるピロリを飼っていたくはないのですけど、ねー


 
  ところで、うちのかんちゃん家族の皆さんは ピロリがいません。
  にーさんもいなかったらしいです。
  かんちゃんの80% が飼っているらしいのに、
  なんちゅうめずらしい、貴重な方々です。
  運が良かったのでしょうかねぇ。

 なのになんでわたしだけ。。


  
  出来るなら さよならしたいわピロリ菌


  決まった!!( ̄▽ ̄)


 



  


 
   
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
☆健康、美容