海を渡った私、韓国に生きる

Welcome to my blog!

U2になりそうだった。

2019/12/20
ひとりごと
ようやく落ち着いてきたような気がしますが
思い出すとまたどーんとなるのですわ。

何事かと申しますとね、
実は、わんこ のことなのです。なーんや、イヌの話かいv(‾ー‾)v
と思われたことでしょう。


うちのジョイ子は元気ですが
勤め先のわんこのことです。

おとつい、新しく子犬をもらってくると言う話をしていました。

で、今飼っているわんこのうちの一匹を誰かに譲ることになったとかで
既にご主人がお金渡したって。

それを聞いていや~~な予感。


☆☆☆☆☆


ご存知の方も多いと思いますが、
かんちゃんでは わんこ 食しますよね。
他のアジア地域でもそういう所ありますのでどうこう言えないのですけども。

さすがに普通のスーパーなどでは見かけませんが、
在来市場では売られています。
通り過ぎるときは顔背けてます.(・∀・)゚


ある市場では
すぐ横に子犬がおったりとか━(゚∀゚)━


その子、成犬でしたけど見た目よりはずっと大人しくて
私にとっては可愛いかったな、
相手もわかるみたいでよく懐いとったわね。

ピョン子と名前までつけてやったわ



ご主人によると、いつ連れて行かれるかわからん言いよったけど
わたす、釘差しといたわ

食べんといてよ、ちゃんと育ててよ、と伝えてくれと。


おとついその話聞いて涙のお別れして(相手はわからんだろうが)
でも昨日の時点では朝行ったらまだいた。


☆☆☆☆☆


何や知らん、かんちゃん人のおとうについてきちまったけど
『嫁ぐ』ということは 相手のバックグランドまで受け入れてやらんといかん、
というか
受け入れ、とまではいかないにしても
理解しないといけないのでしょうけど

やはりこれだけはあれですわね。
でもねぇ、自分だって動物の肉類食べているから
やめれ!! と言えないのがきびしいところですわ。


幸いうちの家族も、また、これまで自分が知り合った人の中には 
愛好家(っちゅうかいw)はいませんでしたが
話は色々聞いてましたね。


あるブログお友達なんかは 子供さんが大事に飼っていたのに
じーさんが食っちまって、子供さん怒っていたなんていう話もあったりで。


なんかね、いざ直面するとかなりキビシイものがあったりします。


ある面、人との別れよりも辛いものがあるかも知れないですね、
相手はしゃべれんから。


なるべくその件に関しては考えないようにしないようにしていますけど
しばらくはねぇ


そもそもそんなことでU2になる方がおかしいでしょうけども。


万が一、文化の違う国とのご結婚をお考えの方は
そういう、細かい面もよーくご検討なさってからにした方がよいと思います。
今はそういう情報がサッと手に入るからいいですね。
わたす知らなんだw

ち○しょー ٩(◦`꒳´◦)۶



※ 内容があれですのでコメント欄閉じます。






スポンサーサイト



バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
ひとりごと