終わって嬉しい嫁暮らし

Welcome to my blog!

やれば出来る国 .(・∀・)゚

2020/02/02
頭に来た事、ぎょっとしたこと
ご存知かと思いますが、
うちのおとうは2017年の暮れにかんちゃん病になりまして
休職せざるを得なくなりました。

で、こちらに来て国から補助を受けれるかも知れんと聞いて
申請したら通ったわけなんですよ。

書類出して面接受けて色々やりましたけども。

ちょこっと国からお金がもらえて
お米を安く買える
ゴミ袋が毎月届く、などでした。

一年ほど休んで療養した結果、随分良くはなったのですけど
かんちゃんの病気はおそがいんです、ちょっと無理したら悪化することもあると言うので。

にも関わらず、国からは数ヶ月しかお金出せませーん!
と言われて(最初三ヶ月もらえて、更に診断書出して延長して計六ヶ月)
無理のない職場を紹介され、働き始めたというわけなんですよ。

ま、スズメの涙レベルかもしれんが ( ̄▽ ̄)
ないよりはマシという


☆☆☆☆☆

昨年の暮れから仕事始めてひと月、
なんとかおとうの体調もよく頑張って通えています。

そんなある日。

市庁(からだと言っとったな)から電話がかかってきました。

所得が一定を超えましたので、
補助の一部を解除します。
とのこと。



一世帯、三人(うちは)基準で いくらいくら以上になると打ち切り、
ってのがあるそうですね。
わたしのアルバ代も含めて。
その基準もすんごい低いんですけどもね、実際は。

おとうがひと月働いて 給料が出るや否や掛かってきた電話。

すごくないですか?

色々な問題で 管理がえーかげんだから問題になっていること、
多いじゃないですか、かんちゃん。
(シロ国問題、それでしたよね)


なのに、えげつないほど管理完ぺきやん。

目を皿のようにして情報見とるんやろな。
ぜんぜん緩くありませんて。


やればできる国、かんちゃん、
素晴らしいじゃありませんか!!!!  └(・ω・)┘












スポンサーサイト



バンポマダム
Admin: バンポマダム
カンコクに住み始めて21年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
2017年の暮れに夫は肝硬変を発病。
引き続き家族を背負って出稼ぎ頑張るバンポおねえ。
さあどうなる?!
頭に来た事、ぎょっとしたこと