アイキャッチ画像
なんでしょうか。
ということについてお話させて頂きます。


皆さんこんばんは。
きのうはですね、おうちに帰ってご飯とお弁当の準備やったらくたびれてしまいました。

その点月曜日は早い時間に帰れるのでありがたいです。


そして、例の動画学習ですが
無事見終わりました。ご心配なさっていた方々ありがとうございます。(誰がやねん)

特に最後の方なんかは二分おきに途切れるのでかなりめんどくさかった。


誰や動画制作したやっちゃ(-∀-)




******************************



さて、その畑のはなしですが

ソウルにいたときはやはり都会だからでしょうか
そのような光景に出くわしたことはありませんでした。(多分)



自然



最近 お勤め後は徒歩で帰ることにしています。
25分ほどですのでよい運動になりますのでね。



↑ は その道すがら撮ったものです。



画像をご覧になられ お気付きになられただろうか。


柵の右側は歩道で

左奥手は小さく耕した畑になっており


その、中間の、細長い土地に、
さつまいもを掘った跡があります。


その向こうに見えるのはお豆の枝(?)で ございます。



そうです、畑と歩道の間のわずかな細い土地を耕して
色々な作物を育てている人たちがいる、ということです。



これはここだけに見られる光景ではなく
至るところで、土手、みたいなところに
実に器用に畑モドキをお作りになられているのです。


こちらに来て驚いたことの一つなのですが

本当にご自分の土地なんでしょうか、
という素朴な疑問が生まれるわたくしでございます。


まあ、遊ばせておくのもあれだと思いますけど


すぐ横はそう人通りは多くないとはいえ
行き来する直ぐ横なのだし
かんちゃんお得意の かー ぺっ とかやる人がわりとおるし(* ̄∇ ̄*)


よくもまあ そんなところで耕す気が起こるもんだと感心するわたすです。



こんな所まで市の職員が来て
ここは市道やから勝手に植えたらあかん、なんてことは言わないと思いますけどもね。



どこでも生きていけるかんちゃん、なんでしょうね、ということにしておきます。




では。




スポンサーサイト



バンポマダム
バンポマダム

カンコクに住み始めて24年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
かんちゃん病の夫は仕事に出ていますが無理はできません。
私は新たに資格を取り 頑張っています!
応援してくださいね~~