アイキャッチ画像
↑ということなんですよね。

朝 病院からカトッと来まして、

病院に入るための許可証が必要なため、問診票が送られてきました。


熱はあるかとか 味覚障害があるかないかとか

最近どこどこを訪れたことがあるかないか、等をチェックして送ると

一日病院利用QRコードが送られてきました。

患者さんのみならず 付添人も厳重に管理されるということですね。


******************************


初めて行ったソウルの○×病院ですが

地下へ行けばまるでショッピングセンターのように

食堂からスーパー、服屋、パン屋に本屋と

生活に必要なものは何でも揃うほどの店舗がずらーと並び

多くの人が行き来していました。


さすが都会は違いますなヾ(o≧∀≦o)ノ゙


******************************


病院は広いですから 移動時間などを考えて車椅子を利用。

今回は二回のしくじり(わたすの不注意で 人様にご迷惑をおかけしてしまった(-_-))があり

反省です。次回は周囲をよく確認しようと思いました。

人が多いので  前だけ見て足元よく見なかったりとか(~_~;)


でも80%は合格だと思うんですけどね(≧▽≦)  →自己採点によるもの


もうね、血圧測定するところ、

大きな字で貼り紙に 車椅子の方専用 と書いてあるのに気が付かずに

やりにくー!! と言いながらいたら

他の患者さんが そこに専用のとこ、ありますよ♪ と 教えてくれたり


イナカ丸出しで戸惑うわたすでございましたわ 次回は大丈夫よ(^_^)v

皆さん親切なんですよね。



******************************


さて、ここのシステムの面白いところ、ですが

他の病院もそうなんでしょうかね、話には聞いていたのですけどもね、


全ての治療を終え、機械で会計を済ませると 処方箋も みょーんて出てくるのですけど

行く予定の薬局をチェックすると

その薬局が情報を受け取り 待たなくてもすぐ薬を受け取ることができるというもの。

なーんや、にほんじゃとっくの昔からあるわい、でしょうね。


******************************

裏の出入口に行くと たくさんのおじさま方が待機しておられ、

どこの薬局に行きますか~?

と聞かれるので 例えば 山川薬局(仮名)です、と答えますと

おじさま方が

はいっ、ヤマカワ~~!!こちらへどうぞー 掛けてお待ちください~!

と、ベンチに座らせます。


しばらくすると ワゴン車が到着するので、別のおじさまが

こちらへどうぞー 乗って下さいね~~  はい、ゆっくりゆっくり乗って下さい~~

と案内してくれます。


薬局に向かう車の中では

皆さん 薬受け取ったらどちらへ行きますか~?

と聞かれるので 各自、どこどこ、どこどこバスターミナルです~~ 言うので

それを聞いて また別の車両に連絡、

同じ方面に向かう患者さんを集めて 目的地まで送り届けます。



なんという素晴らしいシステム、ファインプレーだなと思いました。

皆さん とっても親切なんですよね、ほがらかだし。


******************************

大体一度行けば場所とかわかりますんで

次回からはもっとちゃちゃっとできると思います。

にしてもすごい人、病院ビジネスってすごいなと思いましたわよ。

そして思ったのが、かんちゃん人の民度が ずいぶん上がってきたような気がしました。

昔はもっとひどかったような気がしますわ。

進展がなけりゃ、ねえ。


かんちゃん人の はよはよ てきぱき 、が

よい意味で生かされていると感じた一日でございました。



では!

おやすみなさい。




スポンサーサイト



バンポマダム
バンポマダム

カンコクに住み始めて24年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
かんちゃん病の夫は仕事に出ていますが無理はできません。
私は新たに資格を取り 頑張っています!
応援してくださいね~~