アイキャッチ画像
こんばんは。
さみぃですね。


さて、きのう何を言おうとしていたのかというと
家のことです。建物。

ご存知の通り かんちゃんはオンドル、床暖房が主です。

この頃は建築技術も進んできているので
かなり改善されていますが

一番最初に住んだアパートは
暖房管理が管理室で一括してなされていたため、
家々で調節することができませんでした。

なので、外がマイナス10度とかになっても
部屋の中は暑くて暑くて、乾燥しまくり上がっていました。
加湿器は必需品です。

そうやって気を付けていても家族の皆さん、よく風邪引いてました。


温度差が大きい ベランダに設置されていた倉庫は
結露現象によりびしゃびしゃになり
気がつくとカビカビになって大変でした(-_-)

次に引っ越したビラは
温度調節はできたのですが、
ベランダのガラス部分が凍り、溶け出す頃には水が滴り落ちたりと
管理するのも大変でした。(多分過去記事にあると思う)


その次のところは新築だったので
比較的悩まされることは少なかったと思います。

ベランダがないスタイルなので(最近はこういう様式で建てる家が多いようですね)
結露現象はあまり起こらないようです。


でも油断すると倉庫などはカビが生えるので注意が必要です。


******************************


それで。

今住んでいる家なんですが

寒い と言われる、ポクト 式の作りなのです。(廊下があって ずらーと 横並び、になっている)
昔ながら(?)のベランダが 表と裏に付いています。

なので やはり寒いのです。

更に、数十年前に建てられているため
どこからともなく隙間風が入ってくるのですよ。(~_~;)


まあでも、 20度くらいは維持しているので
ちょっと着込めば耐えられます(* ̄∇ ̄*)

あと、厚手のカーテンが効果を発揮しています。


で、何が言いたいのかというと

外気との差が少ない(?)ためなのか
結露現象が起きにくいようなので、
気にして窓を拭きまくったりする必要がないのです。

その点はすごく助かっています。


部屋の中が 南国のようにポカポカだと 結露現象には細心の注意を払わなければならず、

少々 さみっ と思っても
そちらの心配がないという

一長一短ありますね、ということでございます。



にいすけがソウルに行けば
ここでの暮らしともおさらばになるでしょうけれども。



では、お休みなさい。


晴れ

最高気温  +1度
最低気温  -6度

日の出  午前7時43分
日の入り  午後5時23分




スポンサーサイト



バンポマダム
バンポマダム

カンコクに住み始めて24年目。
よく生きてきたわいと、自分でも感心しています。
しゃーないので適当に生きています。
かんちゃん病の夫は仕事に出ていますが無理はできません。
私は新たに資格を取り 頑張っています!
応援してくださいね~~